ダイバーシティ&インクルージョン

女性の活躍

推進状況

「ダイバーシティ&インクルージョン」の取組みのうち、中でも社員の多くを占める女性が活躍できるよう、意識改革や育成体系の充実に取り組んでいます。2016年4月1日時点で、当社2人目の女性執行役員が誕生するとともに国内生命保険グループ(※1)における女性経営管理職(支配人・補佐役・部長職)は33名となりました。また、管理職登用者のうち約4割が女性となり、2017年4月1日付けでの管理職以上の女性社員が873名、比率は24.2%となりました。中期経営計画(2015-17年度)では、2018年4月に女性管理職比率を25%以上とするとともに、2020年代の早期に30%以上を目指します。

国内生保グループ※1における女性役職者の割合(2017年4月1日時点)

横にスワイプできます。

管理職※2

役職者かつ
非管理職

うち部長相当職

うち課長相当職

営業職

633人

7人

626人

2,189人

内勤職

240人

26人

214人

1,807人

合計

人数

873人

33人

840人

3,996人

比率

24.2%

5.9%

27.6%

73.7%

  1. ※1 第一生命ホールディングスおよび国内生保グループ(第一生命・第一フロンティア生命・ネオファースト生命)の合算数値
  2. ※2 支配人、補佐役、部長、支社長、課長、営業部長、機関担当のオフィス長・オフィス長代理など

<社外に向けた宣言等>
女性の活躍推進について、経営トップより社外に向け様々な形で発信しています。

生涯設計デザイナーへの取組み

生涯設計デザイナーに対しては、それぞれの適性とキャリアビジョンにあわせた2つのキャリアコース(プロフェッショナルコース・マネジメントコース)を設定し、女性が活躍できるフィールドを拡大しています。

【プロフェッショナルコース】(コンサルティング営業のプロフェッショナル) お客さまに高度なコンサルティング提案を行い、高品質なアフターサービスを提供できるコンサルティング営業のプロフェッショナルを育成しています。 【マネジメントコース】(指導者・管理者としてのマネジメント職務) 生涯設計デザイナーの新人育成から営業オフィス経営、更に支社経営といったマネジメントのキャリアステップを明示することで、指導者・管理者としてマネジメント職務の頂点を目指す女性を早期に育成しています。

また、キャリアアップの過程において、各層別に本社集合研修を実施し、知識・技術の習得と共に上位職位・資格への意識付けを行い、管理職候補となる指導者層に登用する人財の育成に取り組んでいます。

内勤職への取組み

一人ひとりの人財価値向上に向けた取組み+次世代女性リーダーとして相応しい人財へ積極的に育成し、上位職への登用を促進する

女性社員の大半を占めるエリア社員(地域限定型社員)に対して、成長戦略に直結した課題に挑戦し成果を挙げていくこと(職務の多様化)、それを実現するために行動を高度化させること(働き方変革)に継続的に取り組んできた結果、女性活躍推進について一定の成果を挙げてきました。職務の多様化と行動の高度化取組みを継続し、一人ひとりが成長戦略に直結した課題に挑戦しています。ライン課長以上を対象としたマネジメント研修においては、ワークスタイル変革に向けたディスカッションや、女性社員を所属内主要ポストの後継者として育成するための計画策定を行っています。部長・ライン課長の評価項目には、女性リーダー育成に向けた取組の設定を必須とするなど、マネジメント強化にも取組んでいます。

女性リーダーの早期育成

従来より、「女性社員全員の働き方の高度化」に取組んできましたが、2013年より女性の経営参画を企図した「女性リーダーの早期育成」へ取組みを進化させ、役員もメンター等として育成に直接関与しています。
加えて、身近かつ多様なロールモデルとして、上位層の女性管理職も次世代の管理職候補者の育成に携わる等女性社員一人ひとりに適したキャリアアップ・モチベーションアップを支援する体制を強化しています。

上位職の女性による育成支援

女性社長塾

社長が直接経営視点の醸成や視野拡大・意識醸成等を行うことで、DSR経営を実践できる経営リーダーの育成を行っています。

次世代女性経営塾(メンタリング)

他部門の役員が、メンターとしてキャリア支援を行います。経営層から直接学ぶ機会を得ることにより、経営者としての姿勢や視点を学び、経営に携わる意識を醸成することで、一段高い視座での業務遂行を促進しています。

次世代女性リーダー塾

年間を通じた少人数制チームのキャリア支援を実施します。各チームごとに運営を推進する女性管理職の「アンバサダー」を任命し、役員とのラウンドテーブルなど、管理職を見据えた成長につながる活動を行い、対象者はそこで得た気づきを業務で実践します。

社内外ネットワークの構築・強化

女性部長の会:Daiichi Women's Executive  Leaders (D-WEL)

女性部長の会:
Daiichi Women's Executive Leaders (D-WEL)

社内ネットワーク構築に向けて、2014年度に女性部長の会(Dai-ichi Women's Executive Leaders (D-WEL))を発足し、情報共有や交流を通じた個人の成長の場とするほか、メンバーには、ロールモデルとして次世代女性リーダーの育成支援の一端を担うことを目的として、階層別研修や部門勉強会などでの講師を務めてもらっています。
また、社外ネットワーク構築に向けて、各種異業種交流会や女性リーダー育成に向けた社外研修も積極的に参加しています。