人財育成

ライフプロフェッショナル職(総合営業職)

ライフプロフェッショナル職はコンサルティング営業のスペシャリストを育成し、「一生涯のパートナー」として、「生涯設計」の質を高めていくことを目的に設立されました。主に、企業や官公庁にお勤めの方々を対象に、お客さまとフェイス・トゥ・フェイスでコミュニケーションを深めながら、コンサルティングを行い、お客さま一人ひとりに最適な商品やサービスを提供することを目的としています。地域に根ざして営業活動を行う「エリア限定職」のため、原則として転居を伴う異動がないことも特徴です。
ライフプロフェッショナル職は、幅広い知識やスキルを段階的に身につける教育体制を整え、入社1年目を活動基礎定着期間、2年目を応用提案習得期間、3年目を活動展開期間と位置づけています。4年目以降はライフプロフェッショナルとしてお客さまに寄り添い続ける中で、営業の最高峰を目指す<営業スペシャリスト>、指導者としてマネジメントを行う<トレーナー>、基幹職業務へのジョブローテーションなど、様々な分野へのキャリア展開が可能です。また、集合研修やOJTにより、一人ひとりのキャリアビジョンの実現に向け教育・支援を行うとともに、金融知識にかかわる資格の取得においても能力向上に向けて推奨しています。

CURRICULUM

CAREER STEP