責任投資活動報告

この度、第一生命の責任投資(ESG投資・スチュワードシップ活動)に対する基本的な考え方や具体的な取組内容について、保険契約者・株主・取引先・地域社会等、全てのステークホルダーの皆さまにお伝えするために、「責任投資活動報告」を作成いたしました。

第一生命は、日本全国の約1,000万名の保険契約者からお預かりした約36兆円の資金を幅広い資産で運用する「ユニバーサル・オーナー」として、多様なステークホルダーを意識した資産運用を行う必要があると認識しています。したがって、運用収益を獲得するだけでなく、地域・社会の課題解決に貢献していくことも使命であり、「第一生命らしい責任投資」を積極的に推進しています。

ESG投資

当社は、日本を軸にグローバルに事業展開していることから、以下の重点テーマを掲げ、資産横断的にESG投資を推進しています。

・「QOL向上」

:第一生命グループの価値創造の注力分野

・「地方創生・地域活性化」

:日本の社会課題

・「気候変動の緩和」

:グローバルの社会課題

スチュワードシップ活動

当社は、「一生涯のパートナー」をグループミッションとして掲げており、成長ステージ毎に異なる投資先企業の課題に中長期的視点で寄り添い、エンゲージメント(中長期的な対話)を中心としたスチュワードシップ活動を行っています。
具体的には、「ガバナンス体制の整備」、「経営戦略・資本政策の高度化」、「社会課題解決に向けた取組推進」等の課題解決を後押しし、企業価値向上の支援に取り組んでいます。

今後も引き続き、持続可能な社会の実現に向けて、ESG投資・スチュワードシップ活動を通じて、ステークホルダーの皆さまとともに、社会課題の解決に貢献してまいります。