内部統制

コンプライアンス(法令等遵守)の取組み

第一生命は、法令・定款などを遵守し、社会的規範、市場ルールに従うことが事業活動を行ううえでの大前提であると認識しています。当社では、生命保険会社の社会的責任および公共的使命を果たすため、保険営業、資産運用その他すべての事業運営においてコンプライアンスを推進していく態勢整備を行っています。

コンプライアンスに関する方針・規程など

「内部統制基本方針」の下、コンプライアンス態勢の整備や推進に関する基本的な考え方や細目を定めた「コンプライアンス規程」などの各種基本方針・規程を制定しています。また、第一生命グループの企業行動原則である「DSR憲章」や当社の経営基本方針に基づき、役員・社員個人の行動原則を定めた「行動規範」を制定しています。なお、重要な規程やマニュアルは、コンプライアンス委員会で事前協議のうえ、経営会議で審議、取締役会で決定しています。

コンプライアンスに関する組織体制

コンプライアンスに関する重要事項は、コンプライアンス委員会で協議し、経営会議や社長、取締役会に諮る体制としています。また、コンプライアンス統括部は、全社的なコンプライアンス態勢の整備・推進を実施しています。コンプライアンス統括部には、本社各部のコンプライアンス推進を直接支援するコンプライアンス・オフィサーを配置しており、各組織の所属長である法令等遵守責任者と連携し、コンプライアンス・保険募集管理の推進に取り組んでいます。
各組織で発生したコンプライアンスに関する重要事項は、法令等遵守責任者を通じてコンプライアンス統括部に報告され、会社として適切に対応・解決を図る態勢としています。さらに当社の役員・従業員が法令違反などのコンプライアンスに係わる事項を直接通報・相談できる体制として、公益通報者保護法に対応した相談窓口を社内(コンプライアンス統括部)・社外(社外弁護士事務所)に設置しており、正当な通報者もしくは相談者が、通報・相談したことを理由として不利益な取扱いを受けることのないよう、プライバシーを尊重した運営を徹底しています。
こうしたコンプライアンス推進に関する有効性・適切性は、内部監査部が定期的に内部監査を実施し、検証しています。
なお、第一生命グループ全体として認識すべきコンプライアンスに関する重要な事項などは、コンプライアンス統括部を通じて第一生命ホールディングスに適宜報告を行っています。

コンプライアンスに関する組織体制

コンプライアンスの推進

コンプライアンス推進に関わる具体的な実践計画は、年度毎の取組み課題に応じた「コンプライアンス・プログラム」として毎年取締役会で決定し、各組織にて確実な遂行に努めています。これに加え、この「コンプライアンス・プログラム」および業務内容などを踏まえ、各組織単位でコンプライアンスに関する重点取組み課題を策定し、年間を通じて推進しています。コンプライアンス統括部は、これらを定期的にモニタリングし、適宜フォローを行っています。また、コンプライアンス委員会などで、各組織での取組み状況などを定期的に検証し、適宜課題の見直しの指示を行うなど、経営層を主体としてPDCA を実践することによりコンプライアンスを推進しています。
また、本社部長および支社長からは、社長あて「コンプライアンス推進に関する確認書」の提出を受け、経営レベルでフォローすることによって、より実効性を高めています。

コンプライアンスの周知と役員・社員への教育・研修

当社のコンプライアンスにかかる教育・研修においては、単なる法令等遵守にとどまらず、社会的要請にかなう意識・行動を維持することを目的に行っています。
具体的には、全役員・社員が個人の行動原則である「行動規範」を常に意識した行動を心がけるため、全役員・社員が携帯する「ビジョン&ルール」にその内容を掲載しています。また、役員・社員が各自の業務遂行においてとるべき具体的な行動や留意すべき法令、コンプライアンスに関する社内ルールなどをわかりやすくまとめた「コンプライアンスマニュアル」を作成し、社内イントラネットにおいて提供しています。
これらの行動原則やルールなどは、役員や法令等遵守責任者といった職層別に定期的に開催されるコンプライアンス研修において周知し、また、社内イントラネットを活用した確認テストなどによって習熟度をフォローしています。