医療・介護などの
「費用」に備える
ジャスト

軽度3大疾病・介護・身体障害保険

契約年齢
6歳~74歳
健診割

特徴

「3大疾病・介護・身体障害保険」と同様の支払事由にくわえて、上皮内がん等と診断確定されたとき、公的介護保険の要介護1と認定されたとき、4級の身体障害者手帳が交付されたときなど、さらに備えを充実できます。

保障内容

支払事由・支払例 保険金額100万円の場合
お支払いするとき(支払事由)
支払例 保険金額100万円の場合
Ⅰ型Ⅱ型 共通

つぎの

1

5

のいずれかに該当したとき

1
所定のがん(約款に定める悪性新生物)

生まれて初めて所定のがんと診断確定された。
(責任開始の日から数えて90日以内にがんと診断確定されたときや、上皮内がん・非浸潤がん・大腸粘膜内がん、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん等はお支払いの対象となりません。

2
急性心筋梗塞

急性心筋梗塞により手術を受けた、または、60日以上の労働制限が継続したと診断された。
(急性心筋梗塞・再発性心筋梗塞が対象となり、狭心症などはお支払いの対象となりません。

3
脳卒中

脳卒中により手術を受けた、または、60日以上後遺症が継続したと診断された。
(くも膜下出血・脳内出血・脳梗塞が対象となり、外傷性脳内出血などはお支払いの対象となりません。

4
要介護状態
A

公的介護保険の要介護2以上と認定された。

または

B

第一生命が定める要介護状態が180日間継続した(要介護2以上に相当)。

第一生命が定める要介護状態の例

つぎのような状態が180日間継続した。

5メートル以上歩くには杖が必要

かつ

入浴の際、浴槽の出入りに手を貸してもらわなくてはならない(部分的介護を要する状態)

かつ

用を足す際、便器の周りなどを汚してしまう(全面的介護を要する状態)

5
身体障害状態

身体障害者福祉法における1級から3級までの身体障害者手帳が交付された。

身体障害者福祉法にもとづく
身体障害状態の例

肢体不自由の場合

1級 糖尿病で両足が壊疽(えそ)し、大腿部の1/2以上で切断した

聴覚障害の場合

3級 突発性難聴で両耳の聴力が90デシベルに低下し、大声でも耳元でないと理解できない

3大疾病保険金
介護保険金
身体障害保険金

100万円

Ⅰ型 の場合
6 7 8 9 10 11- A B

のいずれかに該当したとき

Ⅱ型 の場合
6 7 10 11- A

のいずれかに該当したとき

6
上皮内がん等(約款に定める上皮内新生物等)

生まれて初めて上皮内がん等と診断確定された。
(責任開始の日から数えて90日以内に上皮内がん等と診断確定されたときはお支払いの対象となりません。

7
急性心筋梗塞・脳卒中による入院

急性心筋梗塞・脳卒中により入院した。
狭心症や外傷性脳内出血などはお支払いの対象となりません。

8
狭心症等・脳動脈瘤等による手術

急性心筋梗塞を除く心・血管疾患、または、脳卒中を除く脳血管疾患により手術を受けた。

9
糖尿病による合併症

糖尿病性腎症・糖尿病性網膜症と診断された。または、糖尿病性神経障害等で手指・足指を切断した。

10
軽度の要介護状態

公的介護保険の対象となる40歳以上の方が、要介護1と認定された。

11
軽度の身体障害状態

身体障害者福祉法における

A

4級の身体障害者手帳が交付された。

B

5級・6級の身体障害者手帳が交付された。

軽度状態保険金

100万円

※ お支払いの対象となるのは、責任開始期前に所定のがん・上皮内がん等のいずれにも診断確定されたことがない場合です。

留意点

  • ① 保険金等のお支払いは1回限りです。
  • 死亡保障はありません。ただし、死亡後に 1所定のがん 6上皮内がん等と診断確定されたとき、もしく は 9糖尿病による合併症に該当していたと診断されたときは、保険金をお支払いします。また、2急性心筋梗塞もしくは 3脳卒中を直接の原因として死亡したときは、保険金額と同額の死亡返還金をお支払いします。
  • ③ 単独では加入できません。所定の保険と組み合わせてパッケージ契約で取り扱います。
  • ④ 2022年4月時点の介護保険法・身体障害者福祉法等にもとづいて記載しています。
ほかの保険商品を見る

夢を実現するための「資産」をつくる

働けないときなどの「所得」を守る

医療・介護などの「費用」に備える

経営者として備える

特約

電話での資料請求・見積もり・お問い合わせ

0120-001-008

受付時間 月~金10:00~18:00 土10:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)

  • ・本ページは2022年7月時点の商品の概要を説明したものであり、契約にかかるすべての事項を記載したものではありません。検討にあたっては「保障設計書(契約概要)」など所定の資料を必ずお読みください。また、契約の際には「重要事項説明書(注意喚起情報)」「ご契約のしおり」「約款」を必ずお読みください。
  • ・保険・特約の名称は一部を省略しています。〈例〉就業不能保険(無解約返還金)(2019)→就業不能保険

  • ・保険金額等の設定には所定の要件があります。このホームページに記載の保険金額等で加入できない場合があります。

(登)C22P0008(2022.4.8)