平子雄一展
「Leftover」

2018年11月9日(金)~12月7日(金) 第一生命ギャラリー

第一生命は、企業メセナ活動の一環として、現代美術の展覧会「VOCA(ヴォーカ)展(The Vision of Contemporary Art)-現代美術の展望」の受賞作品を所蔵し、第一生命ギャラリーで常設展として公開しております。また、年に数回、VOCA展受賞作家の個展を開催し、作家の方には発表の場を、一般のお客さまには現代美術鑑賞の場を提供しています。
今回は「VOCA展2013」VOCA奨励賞、平子 雄一(ひらこ ゆういち)の個展を開催します。

「平子雄一展」開催概要

私はこれまで、植物や自然と人間の共存についてと、そこに浮かび上がって来る曖昧な関係性に対する疑問をテーマに制作してきました。
私達は生活の中で多くの植物と共存しています。観葉植物、街路樹、公園など多く上げられます。これらが存在することで、ポジティブな心理的効果があるのは周知の事実ですが、私には少し滑稽な状況に思えます。何故ならば、それらは本来の自然の断片や模倣であるし、そもそも自然とは何か定義するのがとても困難なのでは無いかと思うからです。
私は作品において、自然物や植物を人や構造物と同価値のものとして扱っています。通常生活圏では植物は力がコントロールされ、必要のないものは排除される存在(弱者)ですが、私はそれらを同じレベルのものとして扱い混在させるとこで、人か植物かわからないものや、内外の境界が曖昧な状況を創造します。

平子 雄一

■名称

平子雄一展 「Leftover」

■会場

第一生命ギャラリー
〒100-8411
東京都千代田区有楽町1-13-1  DNタワー21

■会期

2018年11月9日(金)~12月7日(金)

■開館時間

12:00~17:00
※11月9日のみ19時まで(17-19時レセプション、アーティストトーク)

■休館日

土・日・祝

■入場料

無料

■出品作品(予定)

横にスワイプできます。

作品名 サイズ 画材 製作年

Leftover 5

H388×W324cm

Acrylic on Canvas

2018

Leftover 6

H388×W324cm

Acrylic on Canvas

2018

Leftover 7

H194×W648cm

Acrylic on Canvas

2018

Fossil 1

未定

ceramics, Acrylic paint

2018

Fossil 2

未定

ceramics, Acrylic paint

2018

Portrait 1

H100×W80.3cm

Mixed Media

2018

Portrait 2

H100×W80.3cm

Mixed Media

2018

計7点

平子 雄一(HIRAKO Yuichi)略歴

1982年岡山県出身
Wimbledon College of Arts Painting 学科卒
現在東京都を拠点に活動中

個展

2011年

「庭先メモリーズ:ソング」(トーキョーワンダーサイト本郷、東京)

2012年

「庭先メモリーズ:見えない森」(LIXIL GALLERY、東京)

2013年

「The Thick Forest」(The Drawing Room、シンガポール)

2014年

「The Bark of Mind」(Galleri Christoffer Egelund、コペンハーゲン)

2015年

「Grafted Tree」(Waiting Room、東京)

2016年

「Phantom Forest」(YIRI ARTS Pier-2 Space、高雄)

2018年

「Dazzling Leaves」(Zerp Galerie、ロッテルダム)

2018年

「Project N 71」(Tokyo Opera City Art Gallery、東京)

受賞

2010年

トーキョーワンダーウォール公募2010 トーキョーワンダーウォール賞

2013年

VOCA展2013 VOCA奨励賞(上野の森美術館/東京)

作者コメント

新しい表現も試みているので、楽しんでいただければと思います。

Leftover 1(部分) アクリル、キャンバス  H194×W324cm 2018年

Leftover 1(部分)
アクリル、キャンバス
H194×W324cm
2018年
(上記作品は、今回の展示はございません。)