ほけんの第一歩 よくわかる保険情報サイト powered by 第一生命

生命保険の賢い選び方とは?必要な保障を確保するポイントを解説

生命保険の選び方
生命保険の賢い選び方とは?必要な保障を確保するポイントを解説

※記事中で言及している保険に関して、当社では取り扱いのない商品もあります。
※文章表現の都合上、生命保険を「保険」、生命保険料を「保険料」と記載している部分があります。

生命保険に加入しておくと、入院時や介護など、いざというときに自分や家族の暮らしを支えてくれます。ただし、闇雲に多くの生命保険に加入すればいいというわけではありません。生命保険には、どのようなリスクに備えられるのか、保障内容などによりさまざまな種類があります。その中から、自分や家族にとって本当に必要な生命保険を選ぶことが大切です。
ここでは、過不足なく、適切な生命保険に加入するための選び方をご紹介します。

生命保険の種類

生命保険というのは、加入者が保険料を出し合ってリスクに備える、助け合いのシステムです。
生命保険の種類については、さまざまな分類の仕方がありますが、ここでは、「どんなリスクに備えるための保険なのか」という点に主眼を置いてご紹介します。

死亡に備える保険

生命保険というと、死亡に備える保険のことを示す場合があります。いわゆる死亡保険のことで、被保険者(保険がかけられている人)が、死亡したときに保険金が支払われます。
死亡保険は、さらに以下の3つに分けられます。

  • 定期保険

    定期保険は、一定の期間を設けて、そのあいだに被保険者が死亡した場合を保障します。保険料がお手頃で、保障期間が終了した後は、更新するかほかの保険に切り替えるかなど検討できるものが多いです。

  • 終身保険

    終身保険は、一生涯、解約しない限り保障期間が続きます。契約後に一定期間経過すると、払い込んだ保険料以上の解約返還金(解約返戻金)を受け取れる場合があります。

  • 収入保障保険

    収入保障保険は、死亡時にまとめて保険金が下りるのではなく、保険契約の満期まで年払いや月払いで定額が支払われる保険です。被保険者が亡くなった場合、残された家族の家計を支える保険といえます。

病気やケガに備える保険

病気やケガに備える保険には、以下のような種類があります。

  • 医療保険

    医療保険は、通院や入院、手術をする場合などに保険金が受け取れます。

  • がん保険

    がん保険は、その名のとおりがんにかかった場合に保障される保険です。がんを理由とした入院、手術、通院などで保険金が受け取れるようになっています。
    ただし、同じがん保険でも、通院が保障されるものとされないものや、がんと診断された時点でまとまった一時金を受け取れるものなど、さまざまな種類があります。希望に応じた保険を選びましょう。

  • 就業不能保険

    就業不能保険は、病気やケガなどで働けなくなったときの、収入の減少に備える保険です。
    例えば第一生命の「就業不能保険(無解約返還金)(2019)」では、14日以上の入院などで就業できない場合に給付金が支払われます。

介護が必要になったときに備える保険

介護が必要になった場合に備える保険には、介護保険があります。公的な介護保険制度も同じ名称でややまぎらわしいため、混同しないように注意しましょう。

  • 介護保険

    民間の保険会社が提供している介護保険は、自分が要介護状態になったときなどに一時金や年金が受け取れる保険です。

貯蓄性の高い保険

貯蓄性のある保険としては、学資保険や個人年金保険、養老保険などが挙げられます。
個人年金保険や養老保険は、年金や満期保険金を受け取る前に死亡すると遺族に死亡保険金が支払われます。そのため、死亡への備えの一部として、これらの保険を利用することもできます。

  • 学資保険

    学資保険は、子供の進学に備えて保険金を受け取ることができます。小学校、中学校、高校、大学など入学のタイミングで受け取れるものや、大学入学時に一括で受け取るタイプなど内容はさまざまです。
    なお、学資保険は、保険料の払込期間中に契約者(親権者)が死亡した場合、その後の保険料の支払いが免除されるものもあります。

  • 個人年金保険

    個人年金保険とは、公的な年金では老後資金に不安があるなどという場合に、自分で用意する年金のことです。年金の受け取り方などによって確定年金・有期年金・終身年金といった種類があります。

  • 養老保険

    養老保険は、死亡保障と貯蓄性の両方を兼ね備えた保険です。被保険者が死亡した場合は死亡保険金が受け取れ、満期を迎えた場合は満期保険金が受け取れます。

必要な生命保険は人によって異なる

必要な生命保険の種類や内容は、家族構成や年齢、資産状況など、人によって異なります。生命保険を選ぶ際には、いきなり商品を見比べるのではなく、自分と家族がどのようなリスクに備える必要があるのかを知っておくといいでしょう。
まずは、自分や家族に、今後起こりうるリスクについて、書き出してみてください。

<今後起こりうるリスクの書き出し例>
  • がんになりやすいかもしれない

  • 収入が不安定でもしものときに家計が心配

  • 老後や介護はどうしよう

  • 家計の担い手が死亡したら生活できない

  • 子供の教育資金が心配 など

そして、リスクについてチェックしてみましょう。
書き出したリスクが起こってしまった場合、どのような問題が起こるのか、その問題はお金でカバーできるのか、その場合にいくらくらい必要なのかといったことを、一つひとつ確認していきます。

リスクの内容や必要な保障は家庭によって変わります。ですから、自分の場合について考えることが大切です。
ここでは、具体的な例を挙げてみますので、生命保険を選ぶ際の参考にしてみてください。

必要な生命保険の例

具体的にどのような保険が必要になるかは、それぞれの暮らし方や資産状況などによって変わります。ここでは3つの例を挙げて、検討する必要性が高い保険についてご紹介します。

  • 独身の新入社員で一人暮らし、貯金がない人:医療保険

    独身の新入社員で一人暮らし、さらに貯金がない人は、病気やケガをしてしまった場合、医療費が払えないリスクがあります。この場合、医療保険を検討してみてもいいでしょう。
    ただし、公的な医療保険に高額療養費制度という制度があるため、たとえ入院をしたとしても医療費を一定額以下に抑えることができます(具体的な金額はその人の収入によって異なります)。また、勤務先の健康保険組合が、独自に多くの給付を行う制度などを設けていることもありますので、保険内容について健康保険組合に確認しておきましょう。

  • 独身の高齢者で一人暮らしの人:医療保険/介護保険

    独身の高齢者の場合は、病気やケガのリスクが高い上に、介護が必要になる可能性も少なくありません。介護が必要になった際に家族の手を借りることができない場合は、医療保険や介護保険で保障を用意できるようにしておくと安心です。

  • 自営業の夫と専業主婦の妻、子供1人の家族:死亡保険/がん保険/学資保険/個人年金保険

    自営業の夫と専業主婦の妻、子供1人(18歳未満)の3人家族という場合、まず確保すべきなのは、夫の死亡保険でしょう。夫が亡くなると残された家族は、生活費に困ることになりかねません。必要額は遺族年金の額や貯蓄額などに応じて検討してください。
    また、がんが不安な場合にはがん保険や、子供の教育費を着実に貯めていくための学資保険も必要性が高いと考えられます。
    夫が自営業ということは、老後に受け取れる年金額も国民年金のみと少ないため、十分な死亡保障額を準備したいところです。

生命保険は定期的な見直しが必須

人生の中で、家族構成が変わらないという人は、ほとんどいないでしょう。多くの場合、一人暮らしを始めたり、結婚したり、子供ができたり、家族と死別したりと、さまざまな変化が起こります。
このような家族構成や勤務先、年齢、保有資産の変化などに応じて、起こりうるリスクとそのときに必要なお金の額も変わっていきます。そのため、生命保険も、一度入ったら終わりではなく、ライフステージが変わるごとに見直すことをおすすめします。

また、医療の進歩に伴って、保険の保障内容も日々変化しています。例えば、以前の医療保険は長期の入院に備えるのに適したものが主流でしたが、現在では短期入院が増えたことから、日帰り入院や通院を保障する保険も増えてきています。
特に、医療保険やがん保険については、時代ごとの治療方針に適したものに加入する必要があるでしょう。

具体的な生命保険の選び方

続いては、生命保険の選び方について、具体的な考え方を5つのステップでご説明します。ステップに沿って、自分や家族に、本当に必要な保障が何かを考えてみましょう。
少し面倒に感じるかもしれませんが、これは、自分や家族の将来を見据える作業でもあります。将来のための資金計画や、安心して暮らすための基礎を固めるためにどうすればいいのかを考える基礎にもなるものですから、時間を取って話し合ってみてください。

1. 家族のライフイベントを考える

まずは、家族のライフイベントについて考えます。
ライフイベントとは、子供の入学、旅行、車の買い替えといった、人生の営みの中で起きる大きなイベントのことです。
ライフイベントについて考える際には、家族ごとのライフイベントを書き出した表を作って整理します。ライフイベントが書き込める本や、インターネット上のテンプレートなどを活用すると便利でしょう。

■ライフイベントの例
■ライフイベントの例

2. もしものときに必要となる保障を考える

お金の問題につながるリスクについて洗い出し、保障が必要かどうかを検討します。
具体的には、以下のような点について考えてみましょう。

  • その人が亡くなったときに生活に困る家族がいるか?

    誰かが亡くなったときに生活に困る家族がいる場合は、死亡保険の加入が必要です。遺された家族に必要な保障額を確保しましょう。

  • 病気やケガで働けなくなったり、医療費がかかったりしたときに貯金で対応できるか?

    病気やケガをすると、「医療費」「働けなくなった場合の生活費」「入院などにかかる雑費や家族の交通費」などが必要になります。これらをカバーできるだけの貯金がない場合は、医療保険やがん保険への加入を検討しましょう。
    ただし、医療費に関しては、公的医療保険(健康保険・国民健康保険・船員保険・各種共済組合など)の高額療養費制度を利用することができます。また、会社員であれば、病気やケガで長期的に収入がなくなっても、最長1年6ヵ月のあいだ傷病手当金を受け取れる可能性があります。中には、独自の追加給付制度を用意している健康保険組合もありますので、確認してみてください。一方、国民健康保険には、傷病手当金の制度はありません。
    利用できる制度や必要なお金は個々の家庭によって変わります。まずは自分や家族が利用できる制度を把握し、その上で、不足分を補える保険に加入することが大切です。

  • 将来のための貯金ができているか?

    学費や老後資金に不安がある場合は、学資保険や個人年金保険を活用して資産形成するのも方法のひとつです。
    生命保険には、所定の要件を満たした場合、支払った保険料が所得控除の対象になり、所得税や住民税の負担が軽減できるというメリットがあります。学資保険や個人年金保険は、この保険料控除による税負担を軽減しながら、元本割れのおそれから早期解約しづらい点を利用して資産形成ができるというメリットもあります。そのため、貯金をつい使ってしまうという人や、計画的な貯金が苦手という人におすすめです。

  • 家族や自分に介護が必要になったとき、介護費を支払えるか?

    家族や自分に介護が必要になったとき、介護費を貯蓄でカバーできない場合は、介護保険を検討することになります。
    介護にかかる費用は、介護度や介護ヘルパーなどの利用頻度によって変わりますが、平均月額7.8万円といわれています(生命保険文化センター、2018年度調査より)。介護サービスにかかる支出のほか、医療費やおむつ代といったそのほかの支出も増加する点に注意が必要です。

3. 必要な保障額を考える

自分や家族が備えるべきリスクがわかったら、具体的にいくらあれば安心なのかを検討しましょう。
保険での保障を考える前に、まずは公的制度について確認します。

<リスクごとに利用可能な公的な支援の例>
  • 死亡の場合は遺族年金

  • 病気やケガの場合は高額療養費制度や傷病手当金

  • 学費は児童手当や各種無償化制度

  • 老後は老齢年金

  • 介護は介護保険 など

それぞれのリスクごとに、上記のような公的な制度を利用することができます。また、団体信用生命保険に加入して住宅ローンを組んでいる人は、そちらの保障も利用できるでしょう。
このように、受けられる公的制度などの内容を確認した上で、不足しそうな額について検討してみます。具体的な必要額がイメージしづらいという場合は、当社に相談してみてはいかがでしょうか。

4. 必要な保障内容を満たす生命保険を探す

必要な保障内容が決まったら、それを満たす生命保険を探しましょう。
死亡保険や医療保険には、多くの商品があります。保険商品ごとに特徴が異なるため、希望を満たすものを選ぶことが大切です。
保険を見比べる際は、以下について確認してみましょう。

<生命保険を見比べる際のポイント>
  • 保障内容:主契約の保障内容だけでなく、付加できる特約についても確認

  • 保障金額:必要な保障がカバーできるか

  • 保障期間:一定期間のみ保障するのか、終身保障なのか

  • 保険料:毎月支払える金額か、家計を圧迫しないか

  • 保険料の払込期間:短期払いにするか、終身払いにするか

  • 解約返還金:解約したときにお金が戻ってくるかどうか

保険料の払込期間について、もしも定期的に見直す予定であれば、一括払いや短期払いは避けたほうがいいでしょう。反対に、生涯加入するつもりなら、一括払いや短期払いにすることで、老後の支出を抑えられるメリットがあります。
短期払いとは、契約した保険期間よりも短い期間で保険料を払い終えることを指します。期間が短いほど保険料の払込総額は少なくなりますが、毎回支払う保険料は高くなるのが特徴です。
また、解約時に解約返還金が戻ってくる保険商品の場合、保険料がやや高くなりますので注意しましょう。

5. 適した生命保険がない場合はいくつかを組み合わせてカバーする

必要な保障を検討した結果、自分が希望する保障をうまくカバーできる生命保険がない場合は、いくつかの保険を組み合わせて契約することを検討しましょう。

ただし、この場合、保険のかけすぎを防ぐために、いくら受け取れるのかについてしっかりチェックしておく必要があります。
なお、同じ保険会社で同じ保障内容の保険に重複して加入した場合、損害保険であればどれかひとつの保障しか受けられないことがありますが、生命保険では保障の対象になります。しかし、あまりにも重複加入が多いなど、契約の妥当性が疑われる場合には、保険契約の解除(重大事由解除)といったケースにつながるおそれがあります。念のため、保障内容や支払い条件などを確認するようにしましょう。

保険は貯蓄だけでは補えないリスクに備えるためのもの

貯蓄はさまざまなリスクに備えられるものですが、個人が貯金できる額には限りがあります。「もしもに備えて3,000万円貯金したい」と思っても、なかなか容易ではありません。また、お金が貯まるまでのあいだの保障はどうするのかという問題も出てきます。

保険は、このような問題を解決するために役立ちます。「保険料を支払う余裕がない」という場合でも、保険の種類やかけ方を工夫すれば、保険料を抑えて保障を確保することができます。
貯金が少なく、お金に余裕がない人こそ、万一の際に費用の工面ができず、困窮するリスクが高いといえるでしょう。保険を活用して、もしもの事態に備えておくことをおすすめします。

自分のリスクやライフイベントを知って加入すべき生命保険を選ぼう

どの生命保険を選ぶことが正解なのかは、各家庭の状況や資産状況によって異なります。保険は、自分や家族に起こりうるリスクやライフイベントに必要なお金を考えた上で、適切な商品を選ぶことが大切です。
また、状況に変化があったときは、適宜見直しをすることも必要です。すでに保険に加入している人も、この機会に、今加入している生命保険が適切かどうか、あらためて保障内容や保険料をチェックしてみてください。保険選びが難しい場合は、当社に相談してみてはいかがでしょうか。

監修

井戸美枝
CFP(R)、社会保険労務士。講演や執筆、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題をはじめ、年金・社会保障問題を専門とする。社会保障審議会企業年金・個人年金部会委員。「難しいことでもわかりやすく」をモットーに数々の雑誌や新聞に連載を持つ。近著に『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!』(日経BP社)などがある。

※この記事は、ほけんの第一歩編集部が上記監修者のもと、制作したものです。
※記事中で言及している保険に関して、当社では取り扱いのない商品もあります。
※文章表現の都合上、生命保険を「保険」、生命保険料を「保険料」と記載している部分があります。

(登)C20N0079(2021.1.5)

保険のご相談・お問い合わせ、
資料請求はこちら

お客さまの「一生涯のパートナー」として第一生命が選ばれています。
皆さまの人生に寄り添い、「確かな安心」をお届けいたします。
第一生命では、お客さまのニーズに応じて様々なプランをご用意しております。

お電話で資料請求

月~金 10:00~18:00 土 10:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)