ほけんの第一歩 よくわかる保険情報サイト powered by 第一生命

生命保険を見直すべきタイミングとは?見直しのポイントも紹介

生命保険の選び方
生命保険を見直すべきタイミングとは?見直しのポイントも紹介

※記事中で言及している保険に関して、当社では取り扱いのない商品もあります。
※文章表現の都合上、生命保険を「保険」、生命保険料を「保険料」と記載している部分があります。

生命保険は、万一に備え安心して生活するためのものです。そのため、家族構成やライフステージが変わることで、必要な保障も変わってくることがあるでしょう。状況に合った保障を得るためには、生命保険を見直す必要もでてきます。
ここでは、生命保険を見直すタイミングや生命保険を見直すメリットのほか、生命保険を見直す際に検討したいポイントについて解説します。

生命保険見直しのタイミングと見直しが必要な理由

生命保険は、万一の状況に備えるものです。しかし、ライフステージが変われば、備えるべき万一の状況と必要な保障の範囲は変わってきます。
例えば、子どもが小さいうちは親が亡くなって収入が減ってしまうことに備え、子どもの養育費や生活費をまかなえる保障が必要です。しかし、子どもが成長して独立すれば、それほど大きな保障は必要なくなります。

必要な保障は変化していくため、生命保険は家族の状況・生活環境が変わるごとに見直すといいでしょう。まずは、生命保険を見直す具体的なタイミングについてご紹介しましょう。

ライフステージに変化があったとき

ライフステージに変化があったときが、保険を見直すいいタイミングです。ライフステージの変化とは、就職や転職、結婚、出産、家の購入、離婚、子どもの独立、親の扶養開始、定年などが挙げられます。
これらの変化があると、取り巻く状況は大きく変わります。必要な保障も変わってくるため、生命保険に過不足がないか確認したほうがいいでしょう。

生命保険の更新時期

生命保険の更新時期も、内容を見直すいいタイミングです。
定期保険のようにあらかじめ保険期間が決まっている生命保険は、満期になると自動更新されるものが多くあります。しかし、更新時の年齢で保険料が再計算されて保険料が上がるため、この機会に同じ保険を続けるべきかを考えてみるといいでしょう。

保険料が家計の負担になっているとき

毎月の保険料が高すぎて、家計の負担になっていると感じたときも、保険を見直すタイミングだといえるでしょう。
ライフステージの変化にもつながることですが、子どもが生まれて生活費が増えた、住宅を購入してローンの支払いが始まったなど、家計が変わるタイミングはいくつかあります。タイミングによっては、それまでは無理なく支払うことができていた保険料が負担になることがあります。

■ライフステージと収入・支出の変化
ライフステージと収入・支出の変化

ライフステージが変わったら、保障内容が重複している保険を整理したり、保障額を減らしたりするなど、今の状況にあった保障内容で、無理なく保険料を支払えるように見直してみる必要があります。より適した内容の生命保険に見直すことで、毎月の保険料負担を軽減することができるでしょう。

反対に、転職や事業の成功などで収入が増え、家計に余裕ができたため、もう少し保障が手厚い保険に見直すといったケースもあるかもしれません。家計の収支状況が変わったときは、家計への負担と保障の内容を検討して、バランスがとれているかをチェックしてみましょう。

自分に合った保険商品を見つけたとき

積極的に生命保険を見直すタイミングとはいえませんが、自分に合った保険商品を見つけたときも見直しを検討してみてもいいでしょう。
医療技術は日々進歩しており、それに合わせて生命保険の内容も変化しています。例えば、短期の入院への保障を手厚くしたり、通院への保障を充実させたりする保険が増えています。最新の治療方法や医療体制に合った保障内容にするためにも、加入から時間が経っている保険を一度見直してみるといいでしょう。

生命保険を見直すメリット

生命保険を見直すメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

  • ライフステージにあった最適な保障を備えることができる

  • 保険料負担を軽減できる可能性がある

これらのメリットについて解説しましょう。

ライフステージにあった最適な保障を備えることができる

生命保険を見直し、現在の状況に合わせて組み替えることで、生命保険を最適な保障を備えたものにすることができます。生命保険を見直すと、万一の状況になったときに受け取れる保険金や給付金などが不十分だったり、必要以上の保障のために保険料を払い続けたりすることがなくなります。

保険料負担を軽減できる可能性がある

今の自分に本当に必要な保険だけを選べば、結果的に保険料を抑えられる可能性もあります。その分、積立て貯蓄などに回せる資金が増えるでしょう。
ただし、必要な保険を検討した結果、保険料が上がる場合もあります。保険料を抑えることも可能ですが、抑える前提で検討しないように注意が必要です。

生命保険を見直す際に確認したいこと

生命保険を見直す際に確認しておきたい点は、以下の5つがあります。

  • 定期保険か終身保険か

  • 保険料を無理なく支払えるか

  • 保険金や給付金などで生活に必要な金額がまかなえるか

  • 保険期間は自分の状況に合っているか

  • 保険金の受取人は適切か

これらの点について、どのような内容を検討すべきなのかを解説していきましょう。

定期保険か終身保険か

生命保険を見直す際に、大きなポイントといえるのが保険の種類です。生命保険は、保障機能に特化した定期保険と、保障機能と貯蓄機能を併せ持った終身保険の2つに大きく分けられます。

定期保険は基本的には掛け捨てで、万一の状況にならなかった場合、特に受け取れるお金はありません。受け取れるお金があったとしてもごくわずかで、その分、保険料は抑えられています。
終身保険は、被保険者(保険がかけられている人)が亡くなったときに死亡保険金が支払われるのはもちろん、解約時には解約返還金(解約返戻金)が支払われます。保険料は高めに設定されています。

現在加入しているのはどちらの生命保険なのか、それは現在の自分に合った生命保険なのかを考えてみましょう。

※貯蓄型の生命保険は、解約返還金や満期保険金が払込保険料の累計額を下回る場合があります。

保険料を無理なく支払えるか

保険料も、生命保険の見直しにあたって重要なポイントです。生命保険は、保障を厚くすればするほど支払う保険料も上がっていきます。大きな保障があると安心ですが、高い保険料はそれだけ家計の負担になるため、バランスをとることが大切です。

もし、保険料が高いと感じているなら、現在の保障内容は本当にすべて必要なのか検討し、必要な保障だけを残すことで、保険料を無理なく払える範囲に収めるようにしましょう。

保険金や給付金などで生活に必要な金額がまかなえるか

生命保険を見直す際には、保険金や給付金などの保障内容もポイントになります。
万一の際に保険金がどれくらい必要なのかは、状況によって変化します。現在加入している保険で本当に生活に必要な金額がまかなえるかどうかを検討してみましょう。
また、貯蓄性のある保険に入っている場合は、解約のタイミングによって、払い込んだ保険料よりも解約返還金が大きく下回ってしまうことがあります。今のタイミングで解約すると解約返還金はいくら受け取れるのかを把握しておきましょう。

保険期間(保障期間)は状況に合っているか

生命保険には、あらかじめ保険期間(保障期間)が決まっている定期保険と、保障が一生涯続く終身保険があります。この保険期間の違いを理解しておくこともポイントです。
定期保険は、一定期間が過ぎると保険期間が満了するため、引き続き保障が必要であれば、契約を更新するか新しい保険に入り直す必要があります。ただし、保険料は年齢とともに上がっていくため、更新の際の保険料は、それまでに比べて高くなります。一方、終身保険には更新がないため保険料は変わらず、保険期間は一生涯続きます。
必要な保障の保険期間はどれくらいあればいいのかを検討するようにしてください。

保険金の受取人は適切か

死亡保険金、満期保険金、解約返還金は、いずれも課税対象となっており、受取人を誰にするかによって課せられる税金の種類や課税額が異なってきます。被保険者と保険料を支払う契約者、保険金の受取人がそれぞれ誰になっているかを確認しておきましょう。
例えば、死亡保険金は相続税の対象となり、法定相続人1人あたり500万円までが非課税となります。しかし、保険金の受取人を孫などの法定相続人以外にしていた場合、相続税にこの非課税枠はありません。
このように、契約内容によっては納める税額が変わる場合もあるため、確認しておく必要があります。

※税務の取り扱いについては、2021年6月時点の法令等にもとづいたものであり、将来的に変更されることもあります。 変更された場合には、変更後の取り扱いが適用されますのでご注意ください。詳細については、税理士や所轄の税務署等にご確認ください。

加入から時間が経っている場合は生命保険の見直しを

生命保険は、万一の状況に備えるためのもの。ライフステージが変化して必要な保障が変われば、生命保険もそれに対応した保障内容に変えていくべきでしょう。
生命保険に加入してから時間が経っている場合は、生活や環境も変化しているかもしれません。面倒だからといってそのままにせず、状況に合わせて生命保険の見直しを検討してみてください。

監修

井戸美枝
CFP(R)、社会保険労務士。講演や執筆、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題をはじめ、年金・社会保障問題を専門とする。社会保障審議会企業年金・個人年金部会委員。「難しいことでもわかりやすく」をモットーに数々の雑誌や新聞に連載を持つ。近著に『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!』(日経BP社)などがある。

※この記事は、ほけんの第一歩編集部が上記監修者のもと、制作したものです。
※記事中で言及している保険に関して、当社では取り扱いのない商品もあります。
※文章表現の都合上、生命保険を「保険」、生命保険料を「保険料」と記載している部分があります。

(登)C21N0038(2021.7.2)

保険のご相談・お問い合わせ、
資料請求はこちら

お客さまの「一生涯のパートナー」として第一生命が選ばれています。
皆さまの人生に寄り添い、「確かな安心」をお届けいたします。
第一生命では、お客さまのニーズに応じて様々なプランをご用意しております。

お電話で資料請求

月~金 10:00~18:00 土 10:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)