ほけんの第一歩 よくわかる保険情報サイト powered by 第一生命

死亡保険の「定期保険」と「終身保険」の違いを解説!どう選ぶべき?

生命保険の基礎知識
死亡保険の「定期保険」と「終身保険」の違いを解説!どう選ぶべき?

※記事中で言及している保険に関して、当社では取り扱いのない商品もあります。
※文章表現の都合上、生命保険を「保険」、生命保険料を「保険料」と記載している部分があります。

被保険者(保険がかけられている人)に万が一のことがあった際に、保険金の受取人に対して保険金が支払われる死亡保険には、大きく分けて定期保険と終身保険の2種類があります。
ここでは、定期保険と終身保険はどのような点が異なるのか、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

定期保険とは?

定期保険とは、保険期間(保障期間)が決まっている保険のことです。保険期間の設定方法としては、「年満了」といわれる10年、15年といった年数で設定するものと、「歳満了」といわれる60歳まで、70歳までなど年齢で設定するものがあります。年満了は更新できる設定になっている場合が多く、歳満了は更新できない場合が一般的です。

基本的に保険料は掛け捨てで、万が一の事態が起こらないまま満期を迎えた場合は、そのまま契約終了となります。満期保険金の受け取りなどはありません。また、貯蓄性がないため、毎月の保険料は終身保険の保険料よりも安めに設定されていることが一般的です。
定期保険は、特定の期間でできる限り保険料を抑えながら、手厚い保障を得たい人向けの商品といえるでしょう。

定期保険のメリット

定期保険を選ぶメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • お手頃な保険料で手厚い保障を得られる

  • 特定の期間の保障を手厚くできる

  • 保険を見直しやすい

これらのメリットについて、詳しくご紹介しましょう。

お手頃な保険料で手厚い保障を得られる

定期保険のメリットのひとつは、お手頃な保険料で手厚い保障が得られるということです。被保険者が死亡または高度障害を負った場合に受け取れる保険金総額など、各種条件が同じだとすると、定期保険の保険料は終身保険の保険料よりも安くなることが一般的です。
お手頃な保険料で手厚い保障を得たい人は、定期保険を検討してみるといいでしょう。

特定の期間の保障を手厚くできる

定期保険は、特定の期間の保障を手厚くすることができるのもメリットです。1年、5年、10年など、保険期間を選べるため、状況に合わせて効率良く必要な保障を得ることができます。
例えば、万が一に備えて子育ての期間だけ加入したり、預貯金を増やすために一定期間だけ保険料の安い定期保険に加入したりと、状況に合わせて利用することも可能です。

保険を見直しやすい

定期保険のもうひとつのメリットは、保険を見直しやすいということです。
定期保険は、ほとんどの場合、解約時に受け取ることができる解約返還金(解約返戻金)がありません。解約返還金があったとしても、かなり少ない額になっています。
そのため、ライフステージの変化に合わせて保険を見直しやすいといえるでしょう。

定期保険のデメリット

一方で、定期保険のデメリットとしては以下の2つが挙げられます。

  • 更新すると保険料が上がる

  • 更新に限度がある

続いては、この2つのデメリットについてご紹介しましょう。

更新すると保険料が上がる

更新すると保険料が上がる

定期保険のデメリットは、更新時に保険料が上がることです。
定期保険の保険期間が終了すると、年満了の契約であれば自動更新されるのが一般的です。ただし、一般的に年齢が高くなるほど更新の際の保険料は高くなるため、自動更新のたびに保険料は上がっていきます。

更新に限度がある

定期保険の更新に、限度があることはデメリットだといえるでしょう。
年満了での定期保険は保険期間が終わると自動更新されますが、更新限度となる年齢は決まっており、それ以上は更新できません。定期保険は一生涯にわたって保障をつけることはできない保険で、歳満了の場合はそもそも更新できない商品が多くなっています。

定期保険の種類

定期保険には、一般的な商品のほかに、逓減(ていげん)定期保険、収入保障保険といった種類があります。続いては、これらの保険についてご説明します。

逓減定期保険

逓減定期保険

逓減定期保険とは、死亡保険金総額が次第に減少していく定期保険です。
一般的な定期保険は、保険期間中に被保険者が亡くなった場合、期間中であればいつでも同額の死亡保険金が受け取れます。一方で、逓減定期保険は、契約時から時間が経つほど、死亡保険金の額が減少していきます。保障額が減っていくため、逓減定期保険の保険料は一般的な定期保険よりも安くなっています。
例えば、子どもが小さいときには必要保障額を多くしておいて、子どもが成長するに従って必要保障額は少なくてもいいという、生活環境やライフステージの変化に対応できる保険だといえるでしょう。

収入保障保険

収入保障保険とは、死亡保険金を毎月、毎年といった定期的なタイミングで受け取るタイプの定期保険です。受け取れる死亡保険金の総額は、保険期間満了までの残り期間によって変わります。契約直後に被保険者が亡くなった場合の死亡保険金総額が最も多く、契約から時間が経つほど少なくなります。
収入保障保険も逓減定期保険と同様、子どもの成長とともに必要保障額は少なくなってもいいという、生活環境やライフステージの変化に対応できる保険といえるでしょう。保険料も一般的な定期保険より安くなっています。

終身保険とは?

終身保険とは、一生涯にわたって保障が継続する保険のことです。保険料の支払い方法は、亡くなるまで保険料を支払う「終身払」と、一定の年齢や一定の期間で保険料の支払いが満了する「有期払」の2種類があります。終身保険は更新がないため、加入時から保険料が上がることはありません。

また、被保険者が亡くなると、保険金の受取人に死亡保険金が支払われるほか、解約するとそれまでに払い込んだ保険料の額に応じた解約返還金が受け取れます。早期での解約の場合、解約返還金は払い込んだ保険料の総額を下回ることが多く、解約返還金がない場合もあります。
終身保険は、保険と貯蓄性の両方の機能を備えている保険であり、貯蓄性があるため掛け捨ての定期保険より保険料は高くなります。

終身保険のメリット

終身保険を選ぶメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 保障が一生涯続く

  • 貯蓄性がある

  • 相続税対策になる

これらのメリットについてご説明しましょう。

保障が一生涯続く

終身保険の大きなメリットは、保障が一生涯続くという点です。終身保険に加入していれば、何歳で亡くなったとしても保険金受取人に死亡保険金が支払われ、まとまったお金を残すことができます。

貯蓄性がある

終身保険は、貯蓄性があることもメリットのひとつでしょう。終身保険を解約すると、解約返還金を受け取ることができます。早期での解約の場合、解約返還金は払い込んだ保険料の総額を下回ることが多く、解約返還金がない場合もあります。
有期払いで保険料の払い込みが終わってから解約した場合、解約返還金は払い込んだ保険料の総額を超えることもあるため、資産運用のひとつとしても考えることができます。

相続時の対策にもなる

終身保険は、相続税対策として加入するものではありませんが、被保険者の死亡保険金は、みなし相続財産という扱いになり、法定相続人1人あたり500万円分の非課税枠が設けられています。定期保険の死亡保険金も同様ですが、契約満了後に亡くなった場合には死亡保険金が受け取れないため、相続時の対策としては終身保険が適しているといえるでしょう。
例えば、死亡保険金が1,000万円で法定相続人が2人の場合、非課税枠内に収まるため相続税は発生しません。非課税枠を超えた場合は、超えた金額が相続税の課税対象となります。

※税務の取り扱いについては、2021年5月時点の法令等にもとづいたものであり、将来的に変更されることもあります。変更された場合には、変更後の取り扱いが適用されますのでご注意ください。詳細については、税理士や所轄の税務署等にご確認ください。

終身保険のデメリット

一方、終身保険のデメリットとしては以下の2つが挙げられます。

  • 保険料が高い

  • 保険の見直しがしにくい

続いて、これら終身保険のデメリットについて解説します。

保険料が高い

終身保険は貯蓄性があるため、定期保険よりも保険料が高めに設定されています。就職したばかりの頃や定年後などの収入が少ない時期は、保険料の負担が重くなる可能性があります。
収入と支出のバランスを考えた上で、加入を検討したほうがいいでしょう。

保険の見直しがしにくい

終身保険のもうひとつのデメリットは、保険の見直しがしにくいという点です。
終身保険を解約したときに受け取れる解約返還金総額は、解約のタイミングによって異なり、契約から間もない時期に解約すると、払込保険料の総額を大きく下回ってしまいます。そのため、ライフステージの変化に合わせて、柔軟に保険を見直しにくいといえるでしょう。

終身保険の種類

終身保険の種類のひとつに、低解約返還金型終身保険があります。
低解約返還金型終身保険とは、保険料の払い込みが終わるまでの解約返還金を低く抑えることで、保険料を通常の終身保険よりも抑えた保険です。早期解約する可能性が低い人や、保険料を抑えながら一生涯続く保障を得たい人に向いています。

定期保険と終身保険のどちらを選ぶべき?

定期保険と終身保険は、どちらが優れているというものではありません。特定の期間だけ手厚い保障を得たいのであれば定期保険、貯蓄性を求めるのであれば終身保険というように、加入する目的に応じて使い分けるべきでしょう。
また、自分の葬儀費用などを終身保険で準備しつつ、万が一の場合の教育費や遺された家族の生活費は収入保障保険で確保するなど、定期保険と終身保険を組み合わせる方法もあります。

定期保険は保険料を抑えながら手厚い保障を得ることができたり、一定期間だけ保障を厚くできたりといった、終身保険にはないメリットがあります。
それぞれの保険の違いを押さえた上で、必要な保障が得られる保険を選ぶようにしましょう。

監修

井戸美枝
CFP(R)、社会保険労務士。講演や執筆、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題をはじめ、年金・社会保障問題を専門とする。社会保障審議会企業年金・個人年金部会委員。「難しいことでもわかりやすく」をモットーに数々の雑誌や新聞に連載を持つ。近著に『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!』(日経BP社)などがある。

※この記事は、ほけんの第一歩編集部が上記監修者のもと、制作したものです。
※記事中で言及している保険に関して、当社では取り扱いのない商品もあります。
※文章表現の都合上、生命保険を「保険」、生命保険料を「保険料」と記載している部分があります。

(登)C21N0039(2021.7.2)

保険のご相談・お問い合わせ、
資料請求はこちら

お客さまの「一生涯のパートナー」として第一生命が選ばれています。
皆さまの人生に寄り添い、「確かな安心」をお届けいたします。
第一生命では、お客さまのニーズに応じて様々なプランをご用意しております。

お電話で資料請求

月~金 10:00~18:00 土 10:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)