定年後のシングル生活費は・・・?

定年後のシングル生活費は・・・?美知子さん(55歳)は、高校卒業後、現在の会社に入社した。入社以来、経理業務を担当し、上司や同僚からも信頼を得て元気に働いている。独身主義者ではなかったが、結婚のタイミングを逃し、未だシングルである。そろそろ60歳の定年も視野に入ってきた今日この頃、会社を退職したら生活できるのか、少し不安を感じるようになった。バブル崩壊後、コツコツ貯めた貯金を頭金にして、東京郊外に2DKのマンションを購入、少々無理をしたが、65歳で完済できるよう住宅ローンを組んだ。住まいは何とか確保できている。
美知子さんの誕生月に、日本年金機構から「ねんきん定期便」が送られてきた。内容を見ると「60歳から約120万円(月額10万円)、65歳からは約200万円(月額16万円)」と年金見込額が記載されていた。
最近、テレビを見ていたら、ファイナンシャル・プランナーとよばれている人が「単身者のセカンドライフの生活費は、総務省家計調査によれば約14万円」と話をしていたのを思い出した。65歳からの生活費は公的年金で何とかなりそうだが、課題は60歳前半だ。幸いなことに、美知子さんは、生命保険会社の個人年金に加入している。60歳から年額80万円(月額6.6万円)、10年間貰える。これで、60歳前半はなんとか乗り切れそうだ。今は、個人年金に加入していて本当に良かったと思っている。
セカンドライフの生活費は何とかなりそうだが、医療費や介護費など心配の種は尽きない。その他にもいろいろお金はかかる。定年退職後は、長年勤めた自分へのご褒美として、語学の勉強にもチャレンジして、パリを拠点にロングステイ、各国の世界遺産や美術館巡りなど夢を描いている。定年まで後5年、定年までが貯蓄のラストスパートの時期。「セカンドライフに向けて少しでも貯金を増やしておこう」と美知子さんは心に決めた。