ほけんの第一歩 よくわかる保険情報サイト powered by 第一生命

掛け捨て型の生命保険とは?貯蓄型保険との違いを解説

生命保険の基礎知識
掛け捨て型の生命保険とは?貯蓄型保険との違いを解説

※記事中で言及している保険に関して、当社では取り扱いのない商品もあります。
※文章表現の都合上、生命保険を「保険」、生命保険料を「保険料」と記載している部分があります。
※貯蓄型の生命保険は、解約返還金や満期保険金が払込保険料の累計額を下回る場合があります。

万が一に備えるには、非常に有効な手段のひとつといえる生命保険。すべてのリスクに備えられるという生命保険はないため、どんな生命保険が自分に合っているのかを考えて契約することが大切です。
しかし、生命保険には掛け捨て型保険と貯蓄型保険があり、どちらがいいのか迷ってしまうことも多いと思います。ここでは、掛け捨て型保険と貯蓄型保険の違いやそれぞれの特徴のほか、選び方について解説します。

3つのタイプに分けられる生命保険

保険とは、万が一の事態に備えるものです。万が一の事態を不安に思っている人たちがお金(保険料)を出し合い、その誰かに万が一の事態が起こったときに、保障を受けられる仕組みとなっています。
その中でも生命保険は、死亡などの生命に関わる事態に備える保険のことです。一口に生命保険といってもさまざまな種類があり、どのような状況になったら保障を受けられるかという観点で、基本的に次の3タイプに分けられます。

  • 死亡保険

    被保険者(保険がかけられている人)が死亡したときに死亡保険金が支払われます。また、生命保険会社によっては、高度障害になった場合に高度障害保険金が支払われる商品もあります。

  • 生存保険

    保険期間満期時に被保険者が生存していた場合に、保険金が支払われます。

  • 生死混合保険

    被保険者が死亡したときに死亡保険金が支払われ、生命保険会社によっては高度障害になった場合に高度障害保険金が支払われます。また、保険期間満期時に被保険者が生存している場合には保険金が支払われます。

掛け捨て型保険と貯蓄型保険の違い

生命保険は満期のときに保険金を受け取れるかどうかで、掛け捨て型保険と貯蓄型保険に分けることができます。続いては、それぞれの特徴について紹介します。

保険料を抑えて手厚い保障が受けられる掛け捨て型保険

掛け捨て型保険とは、解約返還金(解約返戻金)などがない貯蓄性のない保険のことです。万が一の事態を不安に思っている人たちでお金(保険料)を出し合い、その誰かに万が一の事態が起こったときに保障が受けられるという、保険の原型ともいえます。契約期間中に万が一の事態が起こった際には保障が受けられますが、何も起こらなかった場合は、原則として支払った保険料は返ってきません。
その分、月々の保険料は貯蓄型保険に比べ安めに設定されているため、保険料を抑えて手厚い保障を受けたい人に向いています。なお、掛け捨て型保険は、一般的に契約期間が決まっていることが多くなっています。

掛け捨て型保険のひとつに、収入保障保険があります。これは、万が一のことがあった場合に、残された遺族の生活を支えるための保険です。被保険者が死亡または高度障害になった場合、保険金を受け取ることができます。
受け取れる保険金額の累計は、加入直後が最も高く、年月とともに徐々に下がっていくのが特徴です。保険料も安めに設定されており、教育費や生活費を補うことができるため、子育て世代に人気があります。

貯蓄性を備えた貯蓄型保険

貯蓄型保険とは、万が一の事態に備える機能に加えて、貯蓄性を備えたものです。
契約期間中、万が一の事態が起こった場合に保障を受けられるのはもちろん、解約した場合には、それまでの払込金額に応じて、解約返還金を受け取ることができます。例えば、保障期間が一生涯の終身保険と、保障期間が決まっている養老保険の2種類があり、後者の場合は、期間満了後に満期保険金が受け取れるのが特徴です。ただし、月々の保険料は、掛け捨て型保険に比べて高めに設定されています。

貯蓄型保険の代表的なものは終身保険で、一生涯にわたって保障が続きます。被保険者の死亡時に死亡保険金が支払われるため、遺族の生活を支えるのに役立ちます。保険料の払込期間が60歳までなどと設定された場合、それ以降の保険料の払込みはありません。解約返還金は加入期間が長いほど増加し、一定の年数を超えると支払った金額を上回る場合が多くなっています。なお、早期に解約すると、受取金額が保険料の累計額を下回ることが多く、受取金額がない場合もあります。
ただし、解約返還金として受け取れる金額は、払い込んだ保険料と返還率によって変わります。

掛け捨て型保険と貯蓄型保険、どちらを選べばいい?

掛け捨て型保険と貯蓄型保険は、どちらもニーズに応えて生み出されてきた商品であり、どちらが優れているというものではありません。
例えば、掛け捨て型保険は、支払った保険料が返ってこないため、契約期間中に何もなければ損をすると考える人もいます。しかし、掛け捨て型保険は貯蓄型保険に比べ、保険料が安く設定されているため、金銭的な負担を抑えながら手厚い保障を得たい人には適した保険です。目的によって入る保険を選ぶことが大切だといえるでしょう。
掛け捨て型保険と貯蓄型保険は、それぞれどのような状況の人に向いているのかをご紹介します。

掛け捨て型保険に適している人

掛け捨て型保険に適しているのは、安い保険料で貯蓄だけでは対応しきれないリスクに備えたいと考えている人です。
万が一の事態に備えて貯蓄しておいたとしても、死亡、病気、事故など、貯蓄だけでは対応しきれない場合もあります。
例えば、子どもがまだ小さいうちに親が亡くなってしまった場合、貯蓄だけでは残された家族の生活費や教育費をまかなうのは困難です。子どもが大きくなるまでのあいだの死亡リスクに備えて、掛け捨て型の死亡保険に入っておけば、保険料を抑えながら大きなリスクに備えることができます。
また、掛け捨て型は貯蓄型保険に比べ保険料が安いため、余剰資金を貯金やほかの用途に使うことも可能です。

貯蓄型保険に適している人

貯蓄型保険に適しているのは、リスクに備えつつ、ライフイベントの資金準備もしたいと考えている人です。
例えば、子どもの進学などのライフイベントは、時間が経てば必ず訪れるもので、その時期になるとまとまった金額が必要になります。学資保険や個人年金保険といった貯蓄型保険に加入することで、そのようなライフイベントでの支出に備えることができます。
貯蓄型保険は、掛け捨て型保険に比べ保険料は高いものの、貯蓄性があることが特徴。保険料を支払うことで、将来のための資金形成も行うことができるでしょう。

■掛け捨て型保険と貯蓄型保険の違い

横にスライドしてください

掛け捨て型保険 貯蓄型保険
契約期間 定期 終身または定期
契約期間中に万が一の事態が起きた場合 保障が受けられる 保障が受けられる
期間途中で解約した場合 解約返還金は支払われない 払込金額に応じて解約返還金が支払われる
満期になった場合 満期保険金は受け取れない 満期保険金が受け取れる(終身保険や年金には満期保険金はない)
保険料 安めに設定されている 高めに設定されている
代表的な保険 定期保険、収入保障保険 終身保険、養老保険、学資保険
適している人 安めの保険料で手厚い保障を受けたい人 リスクに備えつつライフイベントに向けて貯蓄をしたい人や、一生続く保障を得たい人

掛け捨て型保険とは異なる貯蓄型保険の特徴と注意点

掛け捨て型保険は保険料が安めで、手厚い保障が受けられることがメリットです。貯蓄型保険は貯蓄性があるという点が特徴ですが、その点に関連して掛け捨て型保険にはない特徴と注意点があります。

契約者貸付を利用できる

貯蓄型保険を契約していてお金が必要になった場合、払い込む保険料を減額するという方法もありますが、契約者貸付制度を利用できる保険もあります。契約者貸付制度は、その保険の解約返還金の70~90%程度を上限(会社により異なります)として、保険会社から貸付が受けられる制度です。貸付の利率は、カードローンなどと比べると低めに設定されていることが多く、保険契約期間中であればいつでも返済が可能。一時的に資金が必要な場合に便利な制度です。
注意点としては、貸付金額とその利息の合計額が解約返還金を上回ってしまった場合、一定期間で返済ができないと、保険が失効する可能性があることです。また、契約者貸付制度利用中に万が一の事態が起こった場合、支払われる保険金は貸付額ならびに利息と相殺されます。
なお、契約者貸付制度がない保険もあります。詳しくは保険会社にご確認ください。

解約のタイミングによって解約返還金の額が変わる

貯蓄型保険の解約返還金の金額は、払い込んだ保険料の総額と商品や契約内容によって決まります。

解約返還金は払い込んだ保険料の総額より少なくなることが一般的で、リスクに備えると同時に貯蓄もできるのが貯蓄型保険の特徴ですが、貯蓄をすること自体は、保険を利用しなくても可能です。
そのため、貯蓄型保険に加入するかどうかを決める際には、保険を利用して貯蓄をする必要があるのかを考えてみましょう。掛け捨て型保険に加入して、別途自分で貯蓄するという選択肢もあります。

その一方で、払い込んだ総額以上の解約返還金を受け取れる商品もあります。うまく利用すれば、老後の資金などに活用することもできるでしょう。

ハイブリッド型の保険とは?

保険の中には、掛け捨て型保険と貯蓄型保険の特徴を組み合わせた、ハイブリッド型の保険もあります。

例えば、貯蓄型保険である学資保険に子どもの医療保険をつけた保険がそのひとつ。期間満了時に満期保険金、解約時には解約返還金を受け取ることができ、さらに、契約期間中に子どもがケガや病気により入院した場合などにも保険金が支払われます。
ほかにも、貯蓄性のある年金保険と医療特約がセットになった保険があります。こちらも、払込期間満了時以降の年金か解約時の解約返還金が受け取れ、契約期間中にケガや病気により入院した場合などは保険金が支払われるのが特徴です。

保険のタイプは目的に合わせて選ぼう

掛け捨て型保険は、保険料を抑えながら手厚い保障を受けられ、貯蓄型保険はリスクに備えつつ、ライフイベントに向けての資金が準備できるという特徴があり、それぞれ役割が違います。
どちらに加入したほうがいいのかは、契約者が保険に加入する目的によって変わることを理解しておいてください。自分が必要な保障は何かを考えた上で、自分に合った保険を選びましょう。

監修

井戸美枝
CFP(R)、社会保険労務士。講演や執筆、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題をはじめ、年金・社会保障問題を専門とする。社会保障審議会企業年金・個人年金部会委員。「難しいことでもわかりやすく」をモットーに数々の雑誌や新聞に連載を持つ。近著に『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!』(日経BP社)などがある。

※この記事は、ほけんの第一歩編集部が上記監修者のもと、制作したものです。
※記事中で言及している保険に関して、当社では取り扱いのない商品もあります。
※文章表現の都合上、生命保険を「保険」、生命保険料を「保険料」と記載している部分があります。

(登)C20N0080(2021.1.6)

保険のご相談・お問い合わせ、
資料請求はこちら

お客さまの「一生涯のパートナー」として第一生命が選ばれています。
皆さまの人生に寄り添い、「確かな安心」をお届けいたします。
第一生命では、お客さまのニーズに応じて様々なプランをご用意しております。

お電話で資料請求

月~金 10:00~18:00 土 10:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)