ほけんの第一歩 よくわかる保険情報サイト powered by 第一生命

貯蓄型の生命保険とは?掛け捨て型との違いと選び方を解説

生命保険の基礎知識
貯蓄型の生命保険とは?掛け捨て型との違いと選び方を解説

※記事中で言及している保険に関して、当社では取り扱いのない商品もあります。
※文章表現の都合上、生命保険を「保険」、生命保険料を「保険料」と記載している部分があります。
※貯蓄型の生命保険は、解約返還金や満期保険金が払込保険料の累計額を下回る場合があります。

生命保険は、貯蓄性の有無によって、貯蓄型保険と掛け捨て型保険に分けることができます。
貯蓄性を有しながら万一の保障に備えられるのが貯蓄型保険の特徴です。一方の掛け捨て型保険は、貯蓄性はありませんが、保険料が貯蓄型保険と比較すると割安です。
ここでは、貯蓄型保険の解説を中心に、掛け捨て型保険との違いや、自分に合った保険がどちらなのか、選び方について解説します。

貯蓄型生命保険の特徴と種類

生命保険に加入することで、死亡や入院といった万一のときに、保険金を受け取ることができます。さらに、生命保険の中でも貯蓄型保険であれば、保険期間満了時に保険金を受け取れ、解約時に解約返還金(解約返戻金)としてお金が受け取れる商品があります。

なお、掛け捨て型保険の中にも解約時に解約返還金(解約返戻金)が受け取れる商品がありますが、貯蓄型保険と比較すると少額です。契約期間の早い時期で解約した場合は、解約返還金がない、またはあってもわずかとなる商品もあります。

貯蓄型保険は、保険の特徴によってさらに細かく分類することができます。まずは、代表的なものをご紹介しましょう。

死亡に備える「終身保険」

終身保険は、被保険者(保険がかけられている人)が死亡したときに、死亡保険金が支払われます。また、生命保険会社によっては、高度障害になった場合に高度障害保険金が支払われる商品もあります。保障は一生涯続きますが、保険料は亡くなるまで払い続ける(終身払い)か、一定の年齢で払い終える(短期払い)かなど、契約するときに選べます。
終身保険は一般的に、死亡を待たずに解約をすることで解約返還金(解約返戻金)が受け取れます。契約から一定期間経過後に解約した場合、保険料の払込期間や払込額に応じて解約返還金を受け取ることができます。

老後に備える「養老保険」

養老保険は、契約期間満了時に満期保険金が支払われるタイプの生命保険です。被保険者(保険がかけられている人)が満期を迎える前に死亡したり、高度障害状態になったりした場合でも、契約内容にもよりますが一般的に同額の保険金が受け取れます。

子どもの教育資金に備える「学資保険」

学資保険は、子どもの教育資金づくりのために活用できる保険です。子どもが一定の年齢になったときに満期保険金が受け取れるほか、医療特約をつけることで子どもの医療保険を兼ねることができるものもあります。
なお、保険料の払い込み中に契約者となっている親権者が死亡した場合、その後の保険料の支払いが免除されるものもあります。

自分で年金を準備する「個人年金保険」

個人年金保険は、老後の年金づくりのための保険です。一定の年齢に達したときに、年金形式で保険金が受け取れます。被保険者の生死にかかわらず、一定期間年金が受け取れる「確定年金」、被保険者が生存している場合のみ一定期間年金が受け取れる「有期年金」、被保険者が生存している限り年金が受け取れる「終身年金」などがあります。
個人年金保険の保険料払込期間中に被保険者が死亡した場合は、払い込んだ保険料相当額の死亡保険金が受け取れるのが一般的です。

掛け捨て型保険の特徴と種類

掛け捨て型の生命保険は、死亡や病気など、万一のときの保障だけを得られる保険です。
解約返還金がない商品が多いので、その場合は保険期間満了時や解約時にお金を受け取ることはできません。その分、貯蓄型保険よりも保険料が低めに抑えられています。

続いては、代表的な掛け捨て型保険についてご紹介しましょう。

契約期間を区切って万一に備える「定期保険」

定期保険は、10年や20年など一定の契約期間中に、死亡したり高度障害状態になったりした場合に備える保険です。
例えば、子どもが20歳になるまでのあいだだけ、手厚い保障を確保したいといった場合に適しています。契約期間中に死亡や高度障害状態にならずに満期を迎えた場合や途中で解約した場合、満期保険金や解約返還金を受け取ることはできません。
一方で、保障期間の長い定期保険(長期定期保険)の中には、解約のタイミングによって解約返還金が受け取れる保険もあります。受け取れる金額は、保険料の払込額よりも少なくなることが一般的です。

遺族の家計を支える「収入保障保険」

収入保障保険は、契約期間中に被保険者が死亡や高度障害状態になった場合に、残された家族の家計を支える保険です。契約期間終了までのあいだ、毎月または年払いなどで一定額を受け取れます。会社によっては、保険金の一部、または全額をまとめて受け取ることも可能です。被保険者が死亡や高度障害状態になる時期が遅ければ遅いほど、契約期間の経過とともに保障額が減っていくため、年金の受取総額も減るという特徴があります。

病気に備える「医療保険」「がん保険」

多くのがん保険と、医療保険は掛け捨て型です。ただし、健康祝い金といった名目で、一定期間ごとにお金が受け取れる保険もあります。単体の医療保険、がん保険のほかに、主契約の特約として保障されているものもあります。
なお、「終身保険は貯蓄型保険」というご説明をしましたが、保障内容が死亡や高度障害状態ではなく、入院や手術に備える内容の「終身医療保険」の場合は、掛け捨て型のものが多くあります。

貯蓄型保険のメリット

貯蓄型保険は万が一の保障のほか、早期解約など行わなければ貯蓄性がある点が最大のメリットです。その点も含めて、貯蓄型保険に加入すると、ほかにどのようなメリットがあるのかご紹介します。

万一の際の保障を確保でき貯蓄性も有している

貯蓄型保険の一番のメリットは「解約返還金や満期保険金等を受け取れ、掛け捨てではない」ということでしょう。
保険期間満了時や解約のタイミングまでは万一に備えるための保険として活用し、その後は受け取った満期保険金や解約返還金を自由に使うことができます。ただし、解約のタイミングによっては、支払った保険料を下回ります。

貯蓄が苦手な人に向いている

保険に加入すると、決まったタイミングで保険料を払い込みます。口座振替扱であれば、契約者の指定口座から自動的に引き落とされますし、法人向けの保険である団体扱保険※であれば、勤務先の給与から引き去りされるなど払込方法はさまざまです。
払い込んだ保険料は貯金ではありませんので、引き出すようなことはできません。そのため、自分で計画的に貯金するのが苦手な人や、お金が貯まってくるとつい使ってしまう人に適しているといえます。これは、学費や老後資金を計画的に貯められるか不安がある人にとっては、メリットのひとつです。

※個人で加入した生命保険の保険料を勤務先の給与から控除して支払う方法です。

契約者貸付が利用できる

契約者貸付とは、解約返還金のある保険に加入している人が、解約返還金の中から一定の範囲内で保険会社からお金を借りられる制度です。貸付の上限金額は、保険会社や契約内容によって異なるものの、解約返還金の70~90%程度が上限(会社により異なります)といわれています。一般的なキャッシングやカードローンよりも貸付の利率が低いことが多く、審査もありません。
なお、契約者貸付制度がない保険もあります。詳しくは契約している保険会社に確認してください。

急にお金が必要になったとき、解約返還金目当てで保険を解約すると、解約返還金がそれまで支払った保険料の払込額を大きく割り込む可能性があり、また、保障も終了となってしまいます。
一方、契約者貸付であれば、保険契約を継続したまま利用できます。保険料の払込みを続けることで、満期時には保険金を受け取れますし、保障も継続されるため、一時的な資金不足の際に役立つ制度です。ただし、利率が低めとはいえ、借り入れたお金には利息がかかります。借り入れ返済期間中に保険金などは支払われる場合は、保険金から借入額と利息が差し引かれることにもなります。あくまでも、急場をしのげば家計状態が回復する場合に利用するようにしましょう。

貯蓄型保険のデメリット

貯蓄型保険を検討する際は、メリットだけでなくデメリットについても知っておきましょう。自分にとって、メリットとデメリットのどちらが大きいかを考えることが大切です。

掛け捨て保険よりも保険料が高め

貯蓄型保険は、貯蓄性がある分、掛け捨て型保険よりも保険料が高くなります。
保障が充実しているからといって、あまり高すぎる保険料では支払い続けることができず、保険金を受け取るなど保障を得る前に解約をすることになる可能性が高まります。加入時に無理のない保険料に設定することや、すでに契約をしている場合は、保障額を見直すことで保険料を抑える(減額する)ことができますので、保険会社に確認するとよいでしょう。

早期解約すると払込保険料の総額よりも少なくなる可能性がある

貯蓄型保険は、途中で解約した場合でも解約返還金が受け取れますが、早期解約をすると払込保険料の総額よりも少なくなる可能性があります。契約する際には、解約返還金が支払った保険料を上回るのがどのタイミングなのかを確認しておきましょう。
また、外貨建ての保険は、為替の変動リスクなどの理由によって払込保険料の総額よりも少なくなる可能性もあります。

貯金ではないのでお金を自由に引き出せない

貯蓄型保険は、保障を確保しながら資産形成ができるタイプの保険ですが、基本的に貯金ではありませんので、貯金のように好きなタイミングでお金を引き出せるというわけではありません。
満期保険金があるタイプの保険の場合、契約満了前に現金が必要になったときは、解約返還金の額が払い込んだ保険料の総額を下回ることを覚悟して解約するか、利息を支払って、契約者貸付を利用するかのどちらかになります。
保険で積み立てたお金は、好きなときに使えるわけではないという点に気をつけて、貯金とのバランスをとりながら活用してください。
なお、保険商品の中には「利率変動型積立終身保険(アカウント型保険)」というものがあり、支払った保険料の一部を保険の保障にあて、残りを積み立て貯金のようにできるものがあります。

貯蓄型保険と掛け捨て型保険、どちらがいいのか?

貯蓄型の生命保険と掛け捨て型の生命保険どちらがいいのか、一概にいうことはできません。それぞれの人の状況や考え方に合わせて選ぶことが大切です。

貯蓄型保険を選ぶメリットがあるのは、保険料を無理なく支払うことができて、将来解約する可能性が低い人です。
また、急に多額の出費が必要になったり、収入が低下したりといった問題が起こったときに、保険を解約しなくても対処できる貯蓄があるかどうかも判断のポイントになります。
なお、お金を「引き出せない」という点に不安を感じる場合は、一部を引き出したり保険料に充当させたりすることができる、利率変動型積立終身保険(アカウント型保険)という選択もあります。

医療保険や大きな保障額の死亡保険については、将来的に保障内容を見直す可能性がないかどうかという点に注意が必要です。家族構成の変化や医療の進歩などで見直しの可能性がある場合は、早期解約すると解約返還金の額が払込保険料の累計額を下回ることがある貯蓄型保険よりも、掛け捨て型保険のほうが適しているでしょう。

貯蓄型保険選びのポイント

貯蓄型保険にも、さまざまな種類があります。最後に、保険を選ぶときにチェックしておきたいポイントをご紹介します。

保障内容や保障期間を確認する

貯蓄型保険に限ったことではありませんが、保険は保障を受けることが主な目的になります。保障内容や保障期間が自分の求めるものと合致しているかどうか、必ず確認してください。
病気に備えたいのか、老後に備えたいのかなど、自分にどのようなリスクがあるのか確認し、リスクに合った保障内容を選びましょう。

保険料の支払い額を検討する

貯蓄型保険は、掛け捨て型の生命保険よりも保険料が高めの傾向があります。保障内容や保障期間ばかりを充実させると、思った以上に保険料が高くなる可能性があります。無理なく払い続けることができるかどうか、家計のバランスを確認してください。
また、保険料に対して保障内容や保険期間、満期保険金などが、自分にとって適切かどうか検討することも大切です。自分のリスクに対して過剰な保障内容の保険に加入しないよう、複数の商品を比較検討するのがおすすめです。

返還率(返戻率)を確認する

返還率とは、解約時や満期時に受け取れる金額が、払い込んだ保険料の何%に相当するかを示すものです。返還率が高ければ高いほど、割りがいい保険だといえるでしょう。保険料を100万円払い込み、保険金を120万円受け取れるのであれば、返還率は120%です。
ただし、外貨建て保険の場合は、返還率が高くても為替変動によって期待したほどのお金が受け取れない可能性があります。反対に、期待以上のお金が受け取れる可能性もあります。商品の特性を把握した上で検討しましょう。

貯蓄型保険の特徴を理解した上で加入を検討しよう

貯蓄型保険には、解約返還金や満期保険金などを受け取れ、掛け捨てではないという大きな魅力があります。その反面、保険料が掛け捨て型保険より高めで、基本的には貯金と違って引き出しができないといった特徴もあります。
貯蓄型保険への加入を検討する際には、特徴を十分に理解した上で、自分や家族にとって必要な保障かどうか、保険料の支払いに無理がないかを検討する必要があるでしょう。
適切な保険選びに迷ったときは、FP(ファイナンシャルプランナー)などの専門家に相談するのもおすすめです。

監修

井戸美枝
CFP(R)、社会保険労務士。講演や執筆、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題をはじめ、年金・社会保障問題を専門とする。社会保障審議会企業年金・個人年金部会委員。「難しいことでもわかりやすく」をモットーに数々の雑誌や新聞に連載を持つ。近著に『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!』(日経BP社)などがある。

※この記事は、ほけんの第一歩編集部が上記監修者のもと、制作したものです。
※記事中で言及している保険に関して、当社では取り扱いのない商品もあります。
※文章表現の都合上、生命保険を「保険」、生命保険料を「保険料」と記載している部分があります。
※貯蓄型の生命保険は、解約返還金や満期保険金が払込保険料の累計額を下回る場合があります。

(登)C20N0087(2021.2.1)

保険のご相談・お問い合わせ、
資料請求はこちら

お客さまの「一生涯のパートナー」として第一生命が選ばれています。
皆さまの人生に寄り添い、「確かな安心」をお届けいたします。
第一生命では、お客さまのニーズに応じて様々なプランをご用意しております。

お電話で資料請求

月~金 10:00~18:00 土 10:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)