マイナンバー(社会保障・税番号)制度について

マイナンバー制度とは

マイナンバー制度とは、社会保障、税、災害対策の3分野で、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するため、住民票を有する全ての方に対して、市区町村から一人一つの番号が発行される制度です。原則として、一度指定されたマイナンバーは生涯変わりません。
なお、マイナンバーは、市区町村から送付された「通知カード」(マイナンバー通知カード)や市区町村への申請により交付される「個人番号カード」(マイナンバーカード)等でご確認いただけます。

マイナンバー申告をお願いする場合があります

生命保険会社は、お客さまに以下のお手続きをする場合、法令に基づき、税務署に支払調書を提出しております。
マイナンバー制度の導入にともない、2016年1月以降のお手続きに対する支払調書に受取人および契約者のマイナンバーを記載することが定められましたので、マイナンバーの申告をお願いしております。

マイナンバー申告の流れ

お客さま 1.ご準備
以下の書類をご準備ください。
◆マイナンバーが確認できる書類 ・・・①~②のうち1点
  • ①マイナンバーカード裏面(マイナンバーの記載がある面)の写し
  • ②マイナンバー通知カードの写し
  • ※氏名や住所の変更記載がある場合は両面とも提出してください。

<イメージ>①マイナンバーカード裏面

マイナンバーカード裏面

<イメージ>②マイナンバー通知カード

マイナンバー通知カード

◆マイナンバー申告者のご本人確認ができる書類の写し ・・・A群から1点
※A群の書類をお持ちでない場合はB群から2点ご準備ください。

A群(写真付きの本人確認書類) ①~⑤のうち1点の写し

  • ①運転免許証、運転経歴証明書
  • ②パスポート
  • ③個人番号カードの表面(マイナンバーの記載がない面)
  • ④身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳
  • ⑤在留カード、特別永住者証明書
A群の書類をお持ちでない方は、以下のB群の書類の写しを2点提出してください。

B群(写真のない本人確認書類) ①~⑦のうち2点の写し

  • ①国民健康保険、健康保険、船員保険、後期高齢者医療被保険者証、介護保険の被保険者証
  • ②健康保険日雇特例被保険者手帳
  • ③国家公務員共済組合、地方公務員共済組合の組合員証
  • ④私立学校教職員共済制度の加入者証
  • ⑤児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書
  • ⑥年金手帳
  • ⑦印鑑登録証明書

お客さま 2.ご記入方法

  • 「マイナンバー申告書」の対象者確認欄に印字されている内容をご確認のうえ、対象者確認欄の「記載内容が正しいことを確認」チェックをしてください。
  • ※訂正いただく場合は、訂正欄にチェックし、訂正記入欄へ修正内容を記入ください。
  • ※印字されていない場合は対象者確認欄に申告日、氏名、生年月日、性別を記入ください。
  • マイナンバーが確認できる書類の写しを「マイナンバー申告書」のりしろ欄に貼り付けてください。
  • ※切り取らずに『マイナンバー専用封筒』に同封していただくことも可能です。

<イメージ>マイナンバー申告書 ※ 満期保険金のお手続きの場合

マイナンバー申告書

お客さま 3.ご提出方法
  • 『マイナンバー専用封筒』へ「マイナンバー申告書」を封入してください。
  • 返信用封筒に『マイナンバー専用封筒』ならびに請求書・本人確認書類の写し等を封入・封緘して、お手続きの担当者へ提出いただくか、当社宛送付ください。

◆マイナンバー申告書封入イメージ ※ 請求書を同時送付するお手続きの場合

マイナンバー申告書封入イメージ

マイナンバーの適切な取り扱いについて

マイナンバーを含む個人情報は特定個人情報とされ、厳格な安全管理措置が求められていることを踏まえ、当社は「特定個人情報の適正な取り扱いに関するガイドライン(特定個人情報保護委員会、H26.12.11公布)」に沿って、事務体制・システムの整備、取扱者の限定・教育等、十分な安全管理措置を講じ、特定個人情報を適正に取り扱います。

よくあるご質問