特定状態充実保障定期保険 アシストワイドプラス 一時金支払 一定期間保証

[お支払いは1回限り]

Ⅱ型の支払事由にくわえて、狭心症による手術、糖尿病による合併症などにも幅広く備えられます。 上皮内がんなどに幅広く備えられます。

お支払いするとき

支払例
保険金額100万円の場合

Ⅰ型 Ⅱ型共通
下記 15
いずれかになったとき

  • 特定疾病保険金
  • 介護保険金
  • 身体障害保険金

100万円

Ⅰ型 Ⅱ型共通
6 死亡したとき

  • 死亡保険金

100万円

Ⅰ型の場合
下記 712-ⒶⒷ

Ⅱ型の場合
下記 7 8 11 12-
いずれかになったとき

  • 特定状態充実保障保険金

100万円

支払事由

詳細を見る

  • 所定のがん

    生まれて初めて所定のがんと診断確定された。
    (責任開始の日から数えて90日以内にがんと診断確定されたときや、上皮内がん・非浸潤がん・大腸粘膜内がん等を除く)

  • 急性心筋梗塞

    急性心筋梗塞により手術を受けた、または、60日以上の労働制限が継続したと診断された。

  • 脳卒中

    脳卒中により手術を受けた、または、60日以上後遺症が継続したと診断された。

  • 要介護状態

    公的介護保険の要介護2以上と認定された。または、第一生命が定める要介護状態が180日間継続した(要介護2以上に相当)。

  • 身体障害状態

    身体障害者福祉法における1級から3級までの身体障害者手帳が交付された。

  • 死亡

    死亡した。

  • 上皮内がん等

    生まれて初めて上皮内がん等と診断確定された。
    (責任開始の日から数えて90日以内に上皮内がん等と診断確定されたときを除く)

  • 急性心筋梗塞・脳卒中による入院

    急性心筋梗塞・脳卒中により入院した。

  • 狭心症等・脳動脈瘤等による手術

    狭心症等・脳動脈瘤等により手術を受けた。

  • 糖尿病による合併症

    糖尿病性腎症・糖尿病性網膜症と診断された。または、糖尿病性神経障害等で手指・足指を切断した。

  • 軽度の要介護状態

    公的介護保険の対象となる40歳以上の方が、要介護1と認定された。

  • 軽度の身体障害状態

    身体障害者福祉法における

    • 4級の身体障害者手帳が交付された。
    • 5級・6級の身体障害者手帳が交付された。
  • 2018年1月時点の介護保険法・身体障害者福祉法等にもとづいて記載しています。
  • 保険金等のお支払いの対象とならない場合があります。たとえば 1 所定のがんの場合、責任開始の日から数えて90日以内にがんと診断確定されたときは対象となりません。
  • 単独では加入できません。所定の保険と組み合わせてパッケージ契約で取り扱います。

電話での資料請求・見積もり・お問い合わせ

0120-001-008

受付時間 月~金10:00~18:00 土10:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)

本ページは2018年4月時点の商品の概要を説明したものであり、契約にかかるすべての事項を記載したものではありません。検討にあたっては「保障設計書(契約概要)」など所定の資料を必ずお読みください。また、契約の際には「重要事項説明書(注意喚起情報)」「ご契約のしおり」「約款」を必ずお読みください。

(登)C17P0294(2017.12.19)