メニュー

2017年度第1回「品質諮問委員会」の開催について

当社では、消費者の視点からのご意見をいただくことを目的に、「カスタマー・ファースト専門委員会」(※)の諮問機関として2006年に「品質諮問委員会」を設置し、社外委員からいただいたご意見などを業務改善に反映させています。

  • (※)カスタマー・ファースト専門委員会:お客さまとの接点等を通じて寄せられる「お客さまの声」の分析等を通じ課題を整理し、改善策を立案・実行し、経営や業務の改善に活かすことを目的として運営

2017年7月21日に2017年度第1回「品質諮問委員会」を開催しましたので、議事内容についてご報告します。

1. 開催日 2017年7月21日(金)

2. 出席者(敬称略)

社外委員

委員長 竹山 拓 飯沼総合法律事務所 パートナー弁護士
  古谷 由紀子 サステナビリティ消費者会議(CCFS) 代表
  増田 悦子 全国消費生活相談員協会 理事長
  宮田 恵 消費生活アドバイザー

3. 議題

  • ○保険金・給付金お受取り時のお客さま満足向上に向けた取組み
  • ○カスタマー・ファースト推進に向けた取組み

当日は、社外委員より、当社の業務運営に関して消費者視点に立ったご意見を数多く頂戴しました。主なご意見は下記のとおりです。

(社外委員からの主なご意見)

  • 生涯設計デザイナーが、自身の営業オフィスでどれだけの保険金・給付金が支払われているのかという情報を共有することは、生命保険そのものの意義や役割を実感し、生命保険営業という仕事の重要性を再認識するとともに、自らの活動を保険金・給付金の支払いという最終的な目標につなげていく意識を強化する良い取組みである。
  • 「一生涯のパートナー」としてお客さまに寄り添っていくために、今まで以上に、“安心の定期点検®”(※)の実施率向上ならびに内容の充実に取組んでいただきたい。
    • (※)“安心の定期点検®”:年一回のご契約内容、お支払事由・履歴、ご登録内容の確認活動。
  • 契約から支払いまで長いスパンがあることが保険商品の特性である。その間に生じる医療技術の進歩やライフスタイルの変化等をお客さまにご認識いただくとともに、生涯設計デザイナーのコンサルティング能力を高めることで、お客さまに合った保障が提供できるような体制を作っていただきたい。
  • 第一生命は従来よりお客さまの声をもとにした業務改善や、消費者モニター制度・品質諮問委員会等による社外意見の業務運営への反映等、消費者志向の取組みを実施しているが、時代や社会の要請に合わせて取組みをさらに進化させ、高いレベルでのお客さま満足の向上を目指していただきたい。
 

ページの先頭へ戻る

生命保険の社会的役割を自覚しつつ、社会との調和ある持続的発展を通じて、お客さまから最も支持される生命保険会社を目指します。 Copyright (c) THE DAI-ICHI LIFE INSURANCE COMPANY, LIMITED. All Rights Reserved.