ESG投資

ESG投資方針

ESG投資とは、定量的な財務情報に加え、環境・社会・ガバナンス(Environment, Society and Governance)の要素を考慮する投資手法です。当社は、①収益性を前提に、第一生命グループの社会貢献テーマ※に即したESGテーマ型投資案件の発掘に注力しつつ、②リスク抑制や中長期的な収益力向上を図るESGインテグレーションの態勢整備に取り組んでいきます。なお、当社におけるESG投資の手法は以下の通り定義しています。

  • ※第一生命グループでは、①健康の増進、②豊かな次世代社会の創造、③環境の保全の3つのテーマを掲げ、社会課題の解決に挑戦しています。取組みの詳細は以下のリンク先をご参照ください。

横にスワイプできます。

ESG投資手法 定義 2017年度の主な取組み事例
ESGテーマ型投資 収益性を前提とした、社会課題解決に繋がるテーマを持った資産等への投資
  インパクト投資 運用収益の獲得と社会的インパクトの創出(社会の構造変化等)の両立を意図して投資判断を行う投資手法
  その他ESGテーマ型投資 インパクト投資に含まれないESGテーマ型投資
ESGインテグレーション 投資プロセスへのESG要素の体系的な組込
  リサーチへの組込 企業分析・評価においてESG要素を体系的に組込
  • 株式リサーチ及びクレジットリサーチにおけるESG要素の体系的な組込
  ポジティブ・スクリーニング ESG格付等が高い企業でポートフォリオを構築
  • 国内上場株式ファンド「ESGファンド」の運用
  • ESGを考慮した不動産投資(保育所誘致、環境配慮取組み等)
  ネガティブ・スクリーニング 特定の業種・企業等をポートフォリオから除外
  • 「ESG投資ネガティブ・スクリーニング基準書」による体系的なスクリーニング

ESG投資の推進態勢

当社は、年度毎にESG投資方針を策定し、アセット横断的な取組みを実施しており、取組みの状況は資産運用各部が参加する責任投資会議において定期的に確認しています。また、PRI年次アセスメントを通じて社外からの評価を受けることで、ESG投資に係る取組み・プロセスの持続的な改善を目指します。

スチュワードシップ活動の全体像

主なESGテーマ型投資の取組み事例

インパクト投資

当社では2017年度より、資金供給を通じた社会課題の解決に対するコミットメントを一層強めるべく、運用収益の獲得と社会的インパクトの創出の両立を意図した投資手法であるインパクト投資を開始しました。
2017年9月には途上国でマイクロファイナンス事業を展開し、途上国における金融アクセスの改善を目指す五常・アンド・カンパニー株式会社に対し4億円の投資を行なったほか、新世代バイオ素材の研究・生産を行ない、環境課題解決への貢献が期待されているSpiber株式会社へ10億円の投資を行ないました。

<マイクロファイナンス事業>

マイクロファイナンス事業

(写真提供元:五常・アンド・カンパニー株式会社)

<新世代バイオ素材開発>

新世代バイオ素材開発

(写真提供元:Spiber株式会社)

 

その他ESGテーマ型投資

国際開発金融機関が発行する社会貢献型債券への投資

国際開発金融機関の取組みを金融面からサポートし、収益性の向上と社会課題解決に貢献するべく、社会貢献型債券への投資を積極的に取り組んでいます。
2017年3月にアジア開発銀行の発行した「ヘルス・ボンド」※1へ約110億円を投資したほか、2017年9月にはアフリカ開発銀行が発行した「ライト・アップ・アンド・パワー・アフリカ・ボンド」※2へ約100億円の投資を行ないました。

  • ※1 ヘルス・ボンドにより調達された資金は、アジア太平洋地域の保健衛生に関する課題に取り組むため、アジア開発銀行の保健衛生プロジェクトに使用されます。
  • ※2 ライト・アップ・アンド・パワー・アフリカ・ボンドにより調達された資金は、アフリカの電力・エネルギー供給のため、アフリカ開発銀行による電力アクセスの提供を行うエネルギープロジェクト等の取組みに使用されます。

<ヘルス・ボンド>

ヘルス・ボンド

(写真提供元:アジア開発銀行)

<ライト・アップ・アンド・パワー・アフリカ・ボンド>

ライト・アップ・アンド・パワー・アフリカ・ボンド

(写真提供元:アフリカ開発銀行)

 

≪これまでの取組み一覧≫

これまでの取組み一覧

社会課題の解決につながるプロジェクトファイナンスへの取組み

当社は社会課題の解決につながり、投資収益も獲得できるプロジェクトファイナンスに積極的に取り組んでいます。2017年1月にはドイツにおける洋上風力発電設備建設プロジェクトへ約35億円の投資を行ったほか、4月にはカタールにおける天然ガス処理プラント設備建設プロジェクトに約57億円を投資しました。また、7月にはトルコ共和国における病院整備運営事業プロジェクトに100億円の融資を行いました。

<洋上風力発電設備建設プロジェクト(ドイツ)>

洋上風力発電設備建設プロジェクト(ドイツ)

(写真提供元:Veja Mate Offshore Project GmbH)

<病院整備運営事業プロジェクト(トルコ)>

病院整備運営事業プロジェクト(トルコ)

(写真提供元:双日株式会社)

 

主なESGインテグレーションの取組み事例

リサーチへの組込

当社では2017年度より、株式リサーチおよびクレジットリサーチにおける体系的なESG要素の組込を開始しました。パフォーマンスへの影響を検証し、ESGを加味したリサーチプロセスの中長期的な高度化に取り組みます。

株式リサーチへの組込

当社では、社内の株式アナリストが企業の中長期的な成長性を評価する際、定量的な財務情報に加え、環境・省エネを始め、社会的課題解決に資する製品・サービスの競争力、マネジメント力等の非財務情報(=ESG情報)も体系的に組み込んでいます。非財務情報の評価にあたっては、中長期的な企業価値に影響を与える情報の特定が重要と考えており、当社では業種毎に重要な評価項目を特定し、成長性評価に織り込んでいます。なお、非財務情報の分析に当たっては、スチュワードシップ活動における対話内容も考慮しています。

利益成長性評価のイメージ

クレジットリサーチへの組込

社内のクレジットアナリストが社内信用格付を設定する際、従前から定量的な財務情報に加え、ESG要素を含む非財務情報も考慮してきましたが、2017年度よりESG要素を用いることを体系化しました。

クレジットリサーチへの組込

ポジティブ・スクリーニング

国内上場株式ファンド「ESGファンド」の運用

当社資産の運用を目的とした国内上場株式ファンド「ESGファンド※」を通じて、E(環境)・S(社会貢献)・G(ガバナンス)取組みに優れた企業への投資を実施しています。このファンドは長期のサステナブルな成長を重視し、ダイバーシティを含むESGなどの観点で優れた企業(2017年3月末時点で約160社)を選定し投資しています。

  • ※2010年に「社会的責任投資(SRI)ファンド」として設立し、2013年に「ESGファンド」に名称を変更しています。また、同ファンドはインハウス運用(外部に委託しない自家運用)を行うものです。
ESGを考慮した不動産投資

当社は従前より不動産投資プロセスにESG要素を組み込んでいます。2017年度には、「GRESBリアルエステイト評価※」において、優れた取組みを実施している機関に付与される「グリーンスター」を国内の生命保険会社として初めて獲得しました。

GRESB
  • ※GRESB(Global Real Estate Sustainability Benchmark)は、欧州の年金基金等により創設された投資家主導の組織であり、「GRESBリアルエステイト評価」は、個々の物件毎ではなく、不動産ポートフォリオ全体におけるESG(環境、社会、ガバナンス)への配慮を測るグローバルな評価指標です。世界の主要な不動産運用会社・ファンドが評価を受けており、2017年度においては、世界で850、日本でもREITを中心に53の会社・ファンドが評価を取得しています。
 

具体的には、環境に配慮した新規開発・物件取得を推進しているほか、改修時に高効率機器の導入を進める等、保有物件の管理においてもESGの観点を取り入れています。取組みの詳細は、以下のリンク先をご参照ください。

また、待機児童の解消に向けて、2011年より保有物件への保育所誘致に取り組んでいます。取組みの詳細は、以下のリンク先をご参照ください。

ネガティブ・スクリーニング

当社では、「ESG投資ネガティブ・スクリーニング基準書」を定め、体系的にネガティブ・スクリーニングを実施しています。具体的には、機関投資家としての社会的責任を踏まえ、投資を控えるべき企業・分野等を特定し、アセット横断的に投資対象から除外する枠組みを構築しています。なお、除外銘柄は定期的に見直しています。
また、プロジェクトファイナンスについては、資金用途が特定のプロジェクトに限定されることから、ESGの観点(環境アセスメントの実施状況、地域社会との調和等)から当該プロジェクトを精査する枠組みを構築しています。