メニュー

利益相反管理方針

第一生命保険株式会社(以下、「当社」といいます)は、「お客さま第一の業務運営方針」を履行し、当社または当社の親金融機関等および子金融機関等(以下、「当社等」といいます)が行う取引に伴って利益相反が発生することによりお客さまの利益が不当に害されることがないよう、利益相反のおそれがある取引の適切な管理を行います。

1.利益相反管理態勢の整備

当社は、利益相反管理統括所管および利益相反管理統括者を定め、業務担当所管等から独立した立場で利益相反取引を一元的に管理します。また、当社は定期的に管理態勢を検証し、必要に応じて見直しを行います。

2.利益相反のおそれがある取引の特定プロセス、類型、主な取引例・管理方法

本方針の対象となる取引とは、お客さまが自己の利益を優先させてくれるとの合理的な期待を抱く状況において、お客さまの利益が不当に害されるおそれがある取引です。
対象取引の特定にあたっては、利益相反管理統括者が、個別具体的な事情を総合的に勘案して決定します。
当社における利益相反のおそれがある取引の類型と主な取引例・管理方法は以下のとおりです。なお、これらは継続して検証を行い、必要に応じて見直しを行います。

  • (1)当社等の利益を不当に優先させることにより、お客さまの利益を不当に害する可能性がある場合

【取引例】

投資運用を受託している当社の親金融機関等および子金融機関等が、お客さまの利益よりも当社の利益を優先させて、当社に有利な条件で当社との間で受託資産を利用した取引を行う。

【管理方法】

当社と当社の親金融機関等および子金融機関等との間の取引については、取引条件の公正性を確認することにより管理を行います。

  • (2)他のお客さまの利益を不当に優先させることにより、お客さまの利益を不当に害する可能性がある場合

【取引例】

当社の特別勘定にて受託している変額年金保険において、特定のお客さまのファンドの運用パフォーマンス向上を優先させて、収益の按分を恣意的に行う。

【管理方法】

社内規定等により不公正な収益按分を禁止するとともに、システムによる牽制をすることにより管理を行います。

  • (3)お客さまの取引情報を当社等が不当に利用して利益を得る可能性がある場合

【取引例】

当社の特別勘定運用において知った有価証券取引情報を不当に利用して、その他の有価証券投資において当該有価証券の取引を行う。

【管理方法】

特別勘定運用担当所管とその他の有価証券投資担当所管との間でお客さまの取引情報を遮断することにより管理を行います。

3.利益相反管理の方法

当社は利益相反管理を、以下に掲げる方法により行いますが、これらに限ることなく、個別具体的な事情も勘案し、適切な管理を行います。

  • (1)対象取引に関わる会社・部署の間で情報の遮断を行う方法
  • (2)対象取引の公正性を確認の上、取引条件または方法を変更する方法
  • (3)対象取引を中止する方法
  • (4)対象取引に伴い、お客さまの利益が不当に害されるおそれがあることについて、当該お客さまに開示する方法

4.利益相反管理の対象となる当社の親金融機関等および子金融機関等の範囲

本方針において、利益相反管理の対象となる主な親金融機関等および子金融機関等は、以下のとおりです。

  • 第一フロンティア生命保険株式会社
  • ネオファースト生命保険株式会社
  • アセットマネジメントOne株式会社
  • ネオステラ・キャピタル株式会社
  • 資産管理サービス信託銀行株式会社
  • ジャパンエクセレントアセットマネジメント株式会社
  • みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社
  • 第一生命カードサービス株式会社

以上

ページの先頭へ戻る

生命保険の社会的役割を自覚しつつ、社会との調和ある持続的発展を通じて、お客さまから最も支持される生命保険会社を目指します。 Copyright (c) THE DAI-ICHI LIFE INSURANCE COMPANY, LIMITED. All Rights Reserved.